1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2月の自動車販売は各部門で低迷続く、新型コロナウイルス問題で生産にも懸念

2月の自動車販売は各部門で低迷続く、新型コロナウイルス問題で生産にも懸念

(インド)

ベンガルール発

2020年03月27日

インド自動車工業会(SIAM)は3月13日、2020年2月の自動車統計を発表した。乗用車販売台数〔スポーツ用多目的車(SUV)とバンを含む〕は前年同月比7.6%減の25万1,516台で、伸びは4カ月連続の低下となった(表1参照)。一般乗用車は8.8%減の15万6,285台、バンは32.8%減の1万1,880台と販売低迷がさらに進行した。また、SUVセグメントも0.1%の微増にとどまった。SIAMは「不景気が長引いていることに加え、メーカー各社は新たな排気ガス規制『BS-VI(6)』対応車両の生産準備を進めているため、ディーラーに納入する現行の『BS-IV(4)』適合車両の在庫調整もしていることが販売不振の主な理由」と説明した。

表1 2月の部門別自動車の販売台数

2月は、主要メーカー13社のうち3社がプラス成長となった(表2参照)。首位の最大手マルチ・スズキは前年同月比2.3%減の13万3,702台と、再びマイナス成長に転じた。また、2位の現代自動車が7.2%減となり、タタが34.3%減、マヒンドラが58.1%減とほぼ軒並み減少した。一方、小型SUV「セルトス」の好調な売れ行きを背景に、起亜自動車の販売は1万5,644台となり、タタとマヒンドラを抜いて3位に浮上した。なお、日系4社の市場シェアは6割強となっている。

表2 2月の主要メーカー別乗用車国内販売台数

二輪車では、スクーターの販売台数が前年同月比14.3%減の42万2,310台、オートバイも22.0%減の81万6,679台と、ともに2桁台の落ち込みが続いている。メーカー別では、主要メーカー8社のうち2社がプラス成長を達成したものの、二輪車全体の販売台数は19.8%減の129万4,791台と15カ月連続で減少を続けている(表3参照)。

表3 2月の主要メーカー別二輪車国内販売台数

商用車と三輪車も含む2月の自動車販売台数は、前年同月比19.1%減の164万6,322台だった。今後の見通しについて、SIAMは「自動車業界では、景気低迷により、過去16カ月販売不振が続いている。不況が今後も進行すると予想される中、新型コロナウイルス感染拡大という新たな問題も出てきており、今後個人消費がさらに冷え込む恐れがある」との見方を示した。またSIAMの統計によると、インドの自動車メーカーは約10%の部材を中国から調達しているが、新型コロナウイルスの問題で中国からの部品供給が滞りはじめており、各メーカーの生産計画に影響を及ぼす懸念もある。

(ディーパック・アナンド)

(インド)

ビジネス短信 896e008da5e8f3b6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp