1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 新型コロナウイルス感染拡大を受け、新たに61品目の医療関連機器の輸入税を免税に

新型コロナウイルス感染拡大を受け、新たに61品目の医療関連機器の輸入税を免税に

(ブラジル)

サンパウロ発

2020年03月27日

ブラジル経済省傘下の貿易審議会(以下、CAMEX)は3月25日付CAMEX決議22号外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますにより、新型コロナウイルス感染拡大を受け、新たに61品目(NCMコードとしては51コード)の薬剤や医療関連製品に対する輸入税を一時的に免税すると発表した。9月30日まで適応される。既に3月17日付CAMEX決議17号外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで決定されていた免税対象品目に追加する形だ。免税の対象品目は、保健省と経済省、保健省傘下の規制当局である国家衛生監督庁(ANVISA)によって選定および決定されたもので、たとえば新型コロナウイルスの検査キットや抗マラリヤに効果的とされるクロロキンなどの薬剤、医療器具としての針や滅菌器などが含まれる(品目リストは原文外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照)。

また、CAMEX 3月25日付決議23号外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますにより、特定の医療器具に関するアンチダンピング税(AD税)の適用一時停止も発表された。同決議により、9月30日まで公益性の観点から、中国製のプラスチック製使い捨ての注射器(容量は1ミリリットル、3ミリリットル、5ミリリットル、10ミリリットルまたは20ミリリットル、針の有無に関わらない)とドイツ、中国、米国、英国制製の採血用チューブの輸入に対するAD税が一時的に停止されることが決定した。

(古木勇生)

(ブラジル)

ビジネス短信 651e005aca369856

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp