1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. シンガポール政府、イラン、韓国、イタリア北部の渡航歴者も入国規制

シンガポール政府、イラン、韓国、イタリア北部の渡航歴者も入国規制

(シンガポール)

シンガポール発

2020年03月05日

シンガポール政府は3月4日午後11時59分から、新型コロナウイルス感染者が急増しているイラン、イタリア北部(注1)、韓国に、過去14日の間に渡航した人について、国籍を問わず、入国を停止する。政府は2月から中国の渡航歴者の入国を規制していたが、その規制対象をイラン、イタリア北部、韓国に拡大した。中国の渡航歴者への規制と同様、国民(永住権者を含む)と、就労ビザや学生ビザを含む長期滞在パスの保有者については、帰国後14日間の自宅待機(注2)が通告される。

保健省は今回、新型コロナウイルス感染の疑いの定義を拡大した。イラン、イタリア北部、日本、韓国に過去14日の間に渡航し、肺炎、または深刻な呼吸器感染症がある場合、新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして、病院での検査対象となる。

3月4日午後11時59分から、シンガポール入国時に発熱、呼吸器疾患などの症状がありながらも、感染の疑いの定義にまで至らない場合は、唾液などを採取するスワッブテストを受けることが求められる。テストの結果が3~6時間後に明らかになるまでは、できる限り第三者との接触を控えることが求められる。短期滞在予定者が同テストを受けることを拒否した場合には、入国が認められない。また、外国人の永住権者と長期滞在パス保有者でテストを拒否した場合には、パスの停止、または滞在期間が短縮される可能性がある。さらに、国民を含め、テストの拒否や、その後連絡が取れない場合には、伝染病予防法に基づいて訴追され、罰則を科せられる可能性があるとしている。

国民に日本、イラン、イタリア北部、韓国に渡航延期の勧告

一方、政府は国民に対し、日本、イラン、イタリア北部、韓国への不要不急の渡航延期を勧告した。同国はこれまで新型コロナウイルスを理由に、中国と韓国への渡航延期を勧告していたが、今回、勧告対象国を拡大した。

シンガポールでは3月3日までに、110人の新型コロナウイルスの感染が確認されている(うち、78人は回復、32人が入院中)。この中には、3月2日に感染が確認されたシンガポール在住の54歳の日本人男性も含まれている。

(注1)イタリア北部とは、バッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州、リグーリア州、ロンバルディア州、エミリア・ロマーニャ州、ベネト州、フリウリ・ベネツィア・ジュリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州の8州。
(注2)入国禁止地域から帰国する就労パス保持者の雇用主は、人材省に帰国許可の申請をオンラインでして許可を得る必要がある(詳細は人材省のプレスリリース参照)。また、2月18日からは自宅待機の基準が強化され、14日の間、自宅から出ないことが義務付けられる。自宅待機の通告に従わない場合には、就労パスの取り消し、雇用主には就労パス申請の特権が剥奪される可能性がある。

(本田智津絵)

(シンガポール)

ビジネス短信 47747b4269b31cee

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp