1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ハンガリーの2019年の新車登録台数は前年比15.6%増

ハンガリーの2019年の新車登録台数は前年比15.6%増

(ハンガリー)

ブダペスト発

2020年02月18日

調査会社データハウスによると、ハンガリーの2019年の新車登録台数は前年比15.6%増の15万7,906台となった(図参照)。2010年からプラス成長が続く。

図 自動車登録台数の推移(新車・中古車)

メーカー別にみると、国内に乗用車の生産拠点を持つスズキは、2万5,766台が新たに登録され、ハンガリーの乗用車市場で16.3%のシェアを獲得している(2020年1月27日記事参照)。フォードはシェア10.0%で2位になり、シュコダ、オペル、トヨタが続いた(表1参照)。

近年、成長が減速していた中古車市場では、2019年の登録台数が15万6,475台と前年比で1.5%減少した。2012年以降で初めて、新車登録台数が中古車登録台数を上回った。中古車登録台数は、フォルクスワーゲンが1万8,444台と最も多く、オペル、フォードが続いた。

表1 ブランド別の新車登録台数

ハンガリー自動車輸入協会(MGE)会長のエルデーイ・ペーテル氏は、1月7日の記者会見で、ハンガリーの自動車市場は特に大家族向けの補助金(注1)、および電気自動車(EV)購入向けの補助金(注2)によって後押しされていると述べた。さらに、収入の増加や安定した雇用により、家庭向けの販売割合が増加していることも強調した。

表2 電気自動車新車登録台数の推移

2019年のEVの新車登録台数は、前年比41%増の1,833台となった(表2参照)。ハンガリー自動車関連ウェブサイト「vezess.hu」(1月22日)によると、個人の購入者の主な動機は、環境意識よりも経済合理性だとされている。同記事では、EVの購入の増加を支える3つの重要な要素として、価格の下落やモデルの増加、政府や地方自治体のサポートが挙げられている。EVの購入に対する150万フォリント(約52万5,000円、1フォリント=約0.35円)の政府補助金以外にも、環境にやさしい車には「グリーンナンバープレート」を付けられ、駐車代が無料になる、などのメリットがある。

モデル別にみると、日産のリーフが453台と、EVの新車登録台数のトップになった(表3参照)。以下、356台のフォルクスワーゲンのe-ゴルフ、223台のBMWのi3が続いた。

表3 電気自動車新車登録台数(モデル別)

エルデーイ・ペーテル会長は、2020年の新車登録台数は15万5,000台、うち、プラグインハイブリッドを除く純EVは2,500台に達すると予想していると述べた。

(注1)2019年7月1日から、3人以上の子供を持つ家庭が7人乗り以上の乗用車を購入する場合、最大250万フォリントの補助を受けられる。

(注2)購入額の21%、最大150万フォリントの補助を受けられる。

(バラジ・ラウラ)

(ハンガリー)

ビジネス短信 de992d691435722d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp