1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. クレディ・スイスグループ、タムCEOを更迭

クレディ・スイスグループ、タムCEOを更迭

(スイス)

ジュネーブ発

2020年02月19日

クレディ・スイスは2月6日、グループ最高経営責任者(CEO)のティジェン・タム氏が14日付で辞任し、クレディ・スイス銀行CEOのトーマス・ゴットスタイン氏が引き継ぐことを発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

2019年9月17日付の「フォーブス」誌は、クレディ・スイスグループが、業績において国内1位のUBSに大きく後れを取るようになっており(2018年収益はUBSの310億ドルに対して215億ドル)、とりわけ収益源として各社が力を入れている富裕層向けプライベートバンキングサービスが遅れていることを指摘している。これまでタムCEOは、クレディ・スイスの再生に尽力してきたが、前年から、グループ業績が不調な中でも給与が高過ぎることや、富裕層担当者の流出をめぐるトラブルがクレディ・スイスグループの信用を大きく傷つける事態となっていたことから、更迭は不可避の状況にあったという。

クレディ・スイスで富裕層向け資産管理を担当していたのはイクバル・カーン氏だったが、ドイツ語圏の地元紙「NZZ」紙(1月21日)によると、2019年秋ごろ、タムCEOとの不仲がうわさされる中、同社が私立探偵を雇ってカーン氏を監視していたことがスキャンダルとなった。同氏は警察への通報を行うなどしたが、本件について語ることなく、同年10月に競合相手のUBSに転職した。この問題は、メディアで広く報道されているほか、1月30日にスイス外務省が公表した対外年次イメージレポート「海外からみたスイス2019」でも、海外からのメディアが注目した事件の1つに挙げられている。クレディ・スイスは、本件により富裕層事業の担当者を失うとともに、イメージを大きく落とすこととなった。

後任CEOのトーマス・ゴットスタイン氏は、銀行業務に30年以上従事し、クレディ・スイスに入社してからも20年以上の経験を持ち、クレディ・スイスグループが現在抱える課題解決のためには順当な人事といえる。同氏は、2015年にクレディ・スイス銀行CEOに着任して以来、スイス国内市場の責任者として、同社の国内業績を順調に伸ばしてきている〔2015年税引き前利益16億スイス・フラン(約1,792億円、1フラン=約112円)から直近で21億フランに〕。

(和田恭)

(スイス)

ビジネス短信 d397bd4c75957544

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp