1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. バンダイナムコ、インド最大級のアミューズメント施設開業

バンダイナムコ、インド最大級のアミューズメント施設開業

(インド)

ムンバイ発

2020年02月03日

バンダイナムコ・インディア(本社:ムンバイ)は1月3日、ムンバイ近郊ナビ・ムンバイの大型ショッピングモール、シーウッズ・グランド・セントラルに、インド最大級のアミューズメント施設をオープンした。同社は2015年にムンバイ北部のモールに1号店を開店している。今回の2号店の面積は1号店の約3倍の2,678平方メートル。インド初となる常設のインタラクティブなデジタルスポーツアクティビティー設備や、インド最大級の屋内型キッズプレー施設を完備している(同社プレスリリース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

写真 2号店の外観(バンダイナムコ提供)

2号店の外観(バンダイナムコ提供)

写真 インド最大級の屋内キッズプレー施設(バンダイナムコ提供)

インド最大級の屋内キッズプレー施設(バンダイナムコ提供)

写真 プロジェクターとセンサーを使ったデジタルスポーツアクティビティー設備(バンダイナムコ提供)

プロジェクターとセンサーを使ったデジタルスポーツアクティビティー設備(バンダイナムコ提供)

インドでは、アミューズメント施設が家族連れを対象とする近代型モールに欠くことのできないものとなっており、オーストラリア系のタイム・ゾーンや中東系のファン・シティー、地場系のスマッシュなどが同様の施設を展開している。1回当たりのプレー料金は店の立地などによって異なるが、ムンバイ市内の店舗では日本と同等かそれ以上となっている。週末には家族連れでかなり混み合い、都市部ではレジャーの1つとして定着しているといえる。

不動産コンサルタント会社アナロックのレポートによると、インドでは2022年までにモールが約100カ所建設される予定(内訳は、ムンバイ都市圏18、西部プネ4、ニューデリー首都圏13、南部ベンガルール10、南部チェンナイ9など)で、それに伴ってアミューズメント施設の需要も大いに高まることが見込まれる。

今後の客足について、バンダイナムコ現地代表の八木健夫氏に話を聞いたところ、「これから伸びていくことが予想される」という。インドのモールは竣工(しゅんこう)が大幅に遅れることが間々あり、完成部分から随時開業していくことが多い。従って、モールのテナントは次第に埋まっていき、開業後しばらくしてからモールが完成し、客足はどんどん伸びてく場合がある。また、ナビ・ムンバイは新興地域で客層が若く、彼らが家庭を持つ数年後に本格的な顧客になるのではないかと八木氏は指摘している。

(比佐建二郎)

(インド)

ビジネス短信 6d0d0d138b105951

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp