1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. モンゴル、中国からの外国人入国を禁止、新型コロナウイルス対策で

モンゴル、中国からの外国人入国を禁止、新型コロナウイルス対策で

(モンゴル)

北京発

2020年02月18日

中国などで流行が拡大している新型コロナウイルスについて、2月12日時点でモンゴル国内における感染者は確認されていないが、モンゴル政府は検疫体制の強化や公衆衛生の強化、人の移動の一部制限など対策をとっている。

自国民の中国・香港への渡航、外国人の中国経由での入国を禁止

検疫の面では、チンギスハーン国際空港、および中国との国境であるザミンウードなど各国境検問所において、サーモグラフィー(赤外線放射温度計)を用いた体温測定を開始するなど、態勢を強化している。

衛生対策や人の移動については、モンゴル国民の中国・香港への渡航および外国人の中国経由での入国を3月2日まで禁止するなど、各種の措置を講じている(表参照)。このほか、政府は国民に手洗い・消毒の励行、マスクの着用、肉・卵の十分な加熱、人が多く集まる場所に行くことや動物との接触を避けること、などを呼び掛けている。

なお、2月1日以降、中国国際航空の北京~ウランバートル便の運航がキャンセルされており、中国~モンゴル間の航空便としては、MIATモンゴル航空のみが運航している(2月13日時点)。

表 新型コロナウイルスに関するモンゴルの主な対応

モンゴル政府は、中国の湖北省武漢市に滞在していたモンゴル国民のうち、希望する31人を2月1日にチャーター機で帰国させた。帰国後は、全員を国立伝染病センターで14日間隔離し、経過を観察している。

また、モンゴル政府は2月5日の閣議で、今後、コロナウイルス感染の疑いのある、または感染が確認された人が出てきた場合、それらの人を隔離するための病院を1カ所確保するとともに、各国境検問所にそれらの人を一時的に隔離する場所を設けるなど、受け入れ態勢を整えることを決定した。

そのほか、日本政府は在モンゴル日本大使館を通じて、在留邦人に一斉メールやウェブサイトなどで日本語による情報提供を行っている。

(藤井一範)

(モンゴル)

ビジネス短信 6984ec6d633242bb

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp