1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. スタートアップへの投資額、5大案件が8割以上占める

スタートアップへの投資額、5大案件が8割以上占める

(ベトナム)

ホーチミン発

2020年02月03日

急成長するベトナムのスタートアップ市場で、2019年の外国投資家による5大投資案件の合計金額が同年1~10月のスタートアップの投資額(7億5,000万ドル)比で約85%に相当すると、1月25日付「ベトナムネット」が報じた。2018年の投資額は8億8,900万ドル(92件)だった。

同報道によると、2019年の外国投資家による5大投資案件の概要は次のとおり。

  1. 電子商取引(EC)サイト「Sendo」がシリーズC〔注〕で6,100万ドル獲得。従来のSBIグループ(SBIホールディングス)、BEENOS(東京都)、ソフトバンク投資子会社のソフトバンク・ベンチャーズ・アジア(シンガポール)、大和PIパートナーズ(東京都)、デジタルガレージ(東京都)のほか、EV Growth(インドネシア)、カシコン銀行(タイ)の新たな投資家2社が加わった。
  2. ECサイト「Tiki」がノーススター・グループ(シンガポール)から7,500万ドルを調達。
  3. ザオハンニャンとアハムーブのホールディングカンパニーの物流サービス「Scommerce」がシンガポール政府系投資ファンドのテマセク・ホールディングスから1億ドルを獲得。
  4. 電子決済サービス「Momo」がシリーズCでウォーバーグ・ピンカスから1億ドル獲得。
  5. 電子決済サービス「VNPay」がソフトバンクとGIC(シンガポール)から2019年国内最高額となる合計3億ドルを獲得。

2019年1月18日付「VNエクスプレス」によると、2018年は国内ファンドが5億ドル以上と半分以上を占めていた。国内ファンドもベトナムのスタートアップに注目しているとされる。

〔注〕投資ラウンドの最終段階で、新規株式公開(IPO)やM&Aを目指す段階。

(小林亜紀)

(ベトナム)

ビジネス短信 685d4a0d1574ccf2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp