1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2019年の自動車販売台数は7.8%減、2011年以降で最低水準

2019年の自動車販売台数は7.8%減、2011年以降で最低水準

(オーストラリア)

シドニー発

2020年02月10日

オーストラリア連邦自動車産業会議所(FCAI)は1月6日、2019年の自動車販売台数は前年比7.8%減の106万2,867台だったと発表した。年間販売台数としては2011年以降で最も少なく、前年同月比でみると2019年12月まで21カ月連続で減少を続けていることから、自動車市場の低迷を浮き彫りにするかたちとなった。

表1 オーストラリアにおける新車販売台数

2018年と比べて、全てのタイプにおいて販売台数は減少し、乗用車は前年比16.5%減となった(表1参照)。総販売台数におけるスポーツ用多目的車(SUV)の割合は、2018年から2.5ポイント増加して全体の45.5%を占めたものの、販売台数は2.4%減だった。

メーカー別にみると、トヨタが全体の19.4%を占め、引き続き1位となったが、販売台数は前年比5.2%減と縮小した。そのほか、マツダ(シェア9.2%)、現代(8.1%)、三菱自動車(7.8%)、フォード(6.0%)が続いたが、いずれも販売台数は2018年から減少した。上位10位の中で唯一、起亜自動車は前年比4.6%増となり、2018年から順位を1つ上げて6位になった(表2参照)。

表2 メーカー別新車販売台数(上位10社)

ブランド・モデル別では、トヨタの「ハイラックス」の販売台数が最も多く、引き続き首位を占めたが、増減率は前年比7.8%減となった(表3参照)。また、上位10位のうち、7ブランド・モデルを日本のメーカーが占めており、前述のメーカー別においても10社中5社を日本企業が占めていることから、日本車の人気の高さがうかがえる。

表3 ブランド・モデル別新車販売台数(上位10位)

FCAIのトニー・ウェーバー代表は「(販売台数の減少は)金融機関による融資の引き締めやオーストラリア・ドル安、賃金の伸び悩み、自然災害など、オーストラリアが2019年に直面した数々の苦境を反映した結果となった」と述べた。

(住裕美)

(オーストラリア)

ビジネス短信 4717f5ea4168d52d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp