2019年の新車販売、国内生産台数とも前年比25%増

(ミャンマー)

ヤンゴン発

2020年02月19日

ミャンマー自動車協会(AAM)によると、2019年の新車販売台数は2万1,916台で前年比25.1%増となった。内訳では、乗用車が1万8,060台(25.5%増)、商用車が3,856台(23.3%増)だった。メーカー別では、乗用車は首位のスズキが1万935台(26.5%増)、2位のトヨタが3,311台(35.7%増)となった。商用車では首位のスズキが2,271台(34.7%増)、2位のトヨタが606台(5%増)と、国内生産を行っているスズキが堅調だ。

2019年の国内生産台数は1万5,496台(前年比25.9%増)で、乗用車が1万2,617台(24.6%増)、商用車が2,879台(31.8%増)だった。メーカー別の生産台数は、乗用車では首位のスズキが1万908台(24.2%増)、2位の日産が1,105台(6.0%増)となり、商用車では首位のスズキが2,349台(44.1%増)、2位のフォードが530台(4.3%減)と、日系メーカーが生産台数を増やした。

スズキの乗用車生産・販売が初の1万台超え

スズキは、乗用車の新車販売・生産台数とも初めて1万台を超え、増産対応のためティラワ経済特区の第2工場を拡張中だ。また、日産車を展開するマレーシア資本のタンチョンモーターでは、バゴーの新工場での生産が2020年1月に始まったため、2020年の生産台数・販売台数の増加が期待される。なお、当地で生産・販売している現代自動車と起亜自動車(KIA)は、AAM(注)に加盟していないため、詳細なデータが不明だが、国内最大の市場のヤンゴンにおいて、両社ブランドの自動車を目にすることは少なく、市場シェアは高くないとみられる。

(注)AAMは、ミャンマー国内で自動車の生産・販売台数を集計している唯一の機関。

(草苅貴)

(ミャンマー)

ビジネス短信 0f56a49e6c8e4405

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp