1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. インフラ大手サンミゲルが2018年の企業総収入ランキングで首位

インフラ大手サンミゲルが2018年の企業総収入ランキングで首位

(フィリピン)

マニラ発

2020年01月22日

フィリピンの地元紙「ビジネスワールド」は1月2日、2018年のフィリピン企業の総収入のランキングを発表した。新マニラ国際空港の建設などを手掛けるインフラ大手のサンミゲル・コーポレーションおよび子会社が、1兆603億ペソ(約2兆2,266万円、1ペソ=約2.1円)で首位となった。

サンミゲル・コーポレ―ションの筆頭株主で、鉱業や包装、不動産、食品、飲料などを手掛けるトップ・フロンティア・インベストメント・ホールディングスおよび子会社は、1兆584億ペソで2位だった。

サンミゲル・コーポレ―ションが筆頭株主のフィリピン最大の石油製油販売企業ペトロンおよび子会社が5,627億ペソで3位、フォーブスの「フィリピンの大富豪リスト」で11年連続首位のシー家が率いるSM財閥のSMインベストメンツ・コーポレーションおよび子会社が4,541億ペソで4位、通信大手グローブやBPI銀行、マニラウォーター、アヤラランドを傘下に持つアヤラ財閥のアヤラコーポレーションおよび子会社が3,254億ペソで5位だった。

6位は、フィリピンの配電最大手のマニラエレクトリック(メラルコ)および子会社で3,093億ペソ、食品大手ユニバーサル・ロビーナや、不動産のロビンソンズ・ランド、セブパシフィック航空、ロビンソンズ・バンクを傘下に持つJGサミット・ホールディングスおよび子会社が2,939億ペソで7位、日本のキリンホールディングスが約48%出資し、フィリピンのビール市場の9割以上を保有するサンミゲル・ブリュワリーなどを傘下に持つサンミゲル・フード・アンド・ビバレッジおよび子会社が2,878億ペソで8位、メトロポリタン銀行や不動産大手のフェデラル・ランド、保険会社のフィリピン・アクサ・ライフ・インシュアランスなどを傘下に持ち、トヨタ自動車のフィリピン子会社トヨタ・モーター・フィリピンの51%を保有するGTキャピタル・ホールディングスおよび子会社が2,158億ペソで9位、発電、不動産開発、銀行、航空会社などを傘下に持つアボイティス・エクイティ・ベンチャーズおよび子会社が2,001億ペソで10位となった。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 ece6dc72ab4135ea

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp