1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2019年11月の自動車販売、UVセグメントが乗用車の販売を牽引

2019年11月の自動車販売、UVセグメントが乗用車の販売を牽引

(インド)

ベンガルール発

2020年01月06日

インド自動車工業会(SIAM)は12月10日、11月の自動車統計を発表した。乗用車販売台数〔スポーツ用多目的車(SUV)とバンを含む〕は前年同月比ほぼ横ばいの0.8%減の26万3,773台となった(表1参照)。一般乗用車は10.8%減の16万306台、バンは34.3%減の1万728台とそれぞれ落ち込みを続ける一方、多目的自動車(UV)は9万2,739台で32.7%の大幅増となり、引き続き乗用車販売に大きく寄与した。SIAMは「祝祭シーズンに向けて、メーカー各社がSUVを中心に新モデルを投入、値引きキャンペーンなどもして販売を牽引した。一方、経済低迷が長引く中で消費者心理は冷え込んだまま」と分析した。

表1 11月の部門別自動車の販売台数

主要メーカー13社のうち3社がプラス成長を記録(表2参照)。首位のマルチ・スズキは前年同月比3.3%減の13万9,133台で、前月の2.3%増から再びマイナスに転じた。一方、小型SUV「ベニュー」の好調な売れ行きを背景に、2位の現代自動車は2.0%増の4万4,600台となった。SIAMによると、「消費者の好みは小型SUVに移行しつつある」とのことで、今後も起亜自動車の「セルトス」、MGモーターの「ヘクター」、ルノーの「トライバー」などの主流モデルを中心に、UVセグメントが乗用車全体の販売を支えていくとみられる。

表2 11月の主要メーカー別乗用車国内販売台数

二輪車は前年同月比14.3%減の141万939台と2桁減がまだ続いているものの、9月以降は減少幅が縮小傾向にある。うち、スクーターの販売台数は11.8%減の45万9,851台、オートバイは14.9%減の89万3,538台と、ともに2桁台の減少となった。メーカー別の販売は、首位のヒーロー(15.8%減の50万5,994台)、2位のホンダ(5.3%減の37万3,283台)、3位のTVSモーター(26.5%減の19万1,222台)など、ほぼ軒並みマイナスだった(表3参照)。

表3 11月の主要メーカー別二輪車国内販売台数

商用車と三輪車を含む11月の自動車販売は12.1%減の179万2,415台だった(表3参照)。SIAMは「9月以降、各部門の需要は回復基調にあり、新排気ガス規制『BS-VI』の導入前の駆け込み需要により、販売のさらなる回復は期待できるものの、通年ではプラス成長を達成するのは難しい」との見方を示している。

(ディーパック・アナンド)

(インド)

ビジネス短信 2cfb9c25feb97651

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp