1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2019年の自動車販売台数は前年比8.2%減、日系では堅調なメーカーも

2019年の自動車販売台数は前年比8.2%減、日系では堅調なメーカーも

(中国)

広州発

2020年01月17日

中国自動車工業協会は1月13日、2019年の自動車販売台数が前年比8.2%減の2,576万9,000台だったと発表した。販売台数は2年連続で前年比減となり、ピークの2017年と比べ約300万台減少した(図1参照)。

図1 中国の自動車販売台数の推移

このうち、乗用車は前年比9.6%減の2,144万4,000台となり、減少幅は全体を上回った。カテゴリー別では、セダンが10.7%減、スポーツ用多目的車(SUV)が6.3%減、多目的車(MPV)が20.2%減、クロスオーバーが11.7%減だった。

また、商用車は前年比1.1%減の432万4,000台となった。

単月で18カ月連続のマイナスに

単月で販売台数の伸び率をみると、2019年12月は前年同月比0.1%減となり、18カ月連続でマイナスだった(図2参照)。ただし、減少幅は縮小している。

図2 中国の自動車販売台数の伸び率(前年同月比、単月)

国別メーカーの2019年通年の販売台数では、中国ブランドの乗用車が前年比15.8%減の840万7,000台となり、全体を大きく押し下げた。乗用車販売台数に占めるシェアは39.2%と、2.9ポイント低下した。

中国ブランドがシェアを落とす中で、日系上位3社は堅調さを維持している。トヨタ自動車は前年比9%増の約162万台、ホンダは8.5%増の155万4,433台と増勢を維持した。日産自動車は0.1%減の154万6,891台(輸入車を含む)となったものの、市場全体と比べると、わずかな減少にとどまっている。

同協会では、2019年は米中貿易摩擦、環境基準の強化、新エネルギー車補助金の削減などの影響を受け、下押し圧力が大きかったとしつつ、企業努力により下半期は回復傾向にあり、自動車業界全体は合理的な水準を維持したとしている。

(河野円洋)

(中国)

ビジネス短信 051fbdf80f67e4d7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp