1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. スイスとフランス結ぶ新しい鉄道「レマンエクスプレス」が開通

スイスとフランス結ぶ新しい鉄道「レマンエクスプレス」が開通

(スイス、フランス)

ジュネーブ発

2019年12月25日

スイスとフランスを結ぶ新しい鉄道網「レマンエクスプレス」が12月15日に開通した。スイス国鉄(CFF)とフランス国鉄(SNCF)の共同プロジェクトであるこの鉄道網の建設は8年前に構想され、ジュネーブ中央駅(コルナバン駅)とその東南にあるフランス・アンヌマス駅を結ぶ国際鉄道路線プロジェクト「CEVA(セバ)」が母体となっている。レマンエクスプレスの開通でCEVAプロジェクトは実現し、スイスのジュネーブ州、ボー州、フランスのアン県、オートサボア県が1つの鉄道ネットワークとして結ばれることになった。全長230キロ、45駅をつなぐレマンエクスプレスは、国境を越えた地域鉄道網としては欧州最大となる。運行はCFFとSNCFが共同で設立したレマン社が行い、1日240本の列車が運行される。車両はスタッドラー(スイス)製とアルストム(フランス)製が採用され、外装には両国旗の共通の色である赤と白にフランス国旗の青があしらわれている。建設費用は約20億スイス・フラン(約2,220億円、1フラン=約111円)で、予算は各自治体およびスイス側は連邦政府、フランス側はEUの支援により賄われた。

レマンエクスプレスの開通により、ジュネーブ市内と周辺の交通渋滞が緩和されることに加え、通勤の移動時間の削減が期待される。レマン社のプレス発表PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)によると、ジュネーブ州では、80%以上の住民、86%の職場がレマンエクスプレスの駅から1.5キロ以内に所在しており、ジュネーブ~アンヌマス間の移動時間はこれまでの50分以上からわずか22分に短縮されるという。

スイス国鉄によると、この新規開通路線のジュネーブ~アンヌマス間の中心部では1日当たり約5万人の利用が見込まれており、駅周辺の商業の活性化も期待される。新設されたジュネーブ・オー・ビブ駅には2万3,000平方メートルの、ランシー・ポン・ルージュ駅には12万2,000平方メートルの商業施設が造られる。スイスでは、駅構内の小売店は早朝から深夜まで営業が認められているため、小売業にとっては好条件の立地になる。スイスの大手小売りチェーンのミグロは参入に成功し、ジュネーブ・オー・ビブ駅内の商業施設に小売店を新設した。

写真 レマンエクスプレスの車両(ジェトロ撮影)

レマンエクスプレスの車両(ジェトロ撮影)

(城倉ふみ、マリオ・マルケジニ)

(スイス、フランス)

ビジネス短信 f4ad814a4874645f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp