1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 外資銀行の参入規制緩和が進む

外資銀行の参入規制緩和が進む

(ミャンマー)

ヤンゴン発

2019年12月24日

ミャンマー中央銀行は11月7日、銀行業に関する規制緩和を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。これまで外資銀行は13行が支店という形態で参入しているが、新たに子会社ライセンスを交付し、市場開放を拡大する。

発表の骨子は次のとおり。

  • 支店ライセンス:現在の外資銀行支店と同様、企業向け金融サービスのみ可能。支店設立は1カ所のみで、最低資本金7,500万ドルが必要。
  • 子会社ライセンス:企業向け金融サービスに加え、2021年1月1日から個人向け金融サービスが提供できる。支店として10店舗まで開設可能で、最低資本金1億ドルが必要。
  • 現在の外資銀行支店が子会社方式に移行する場合、当地で最低3年間の事業を行っていることを条件として、2020年6月以降に申請が可能。
  • ミャンマー内資銀行に対する外資銀行の資本参加は、これまで35%が上限とされてきたが、2020年1月1日以降は案件によっては35%超の出資を認める。

(草苅貴)

(ミャンマー)

ビジネス短信 dfc727d1adc8ab97

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp