1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. EU域内の強盗発生、ベルギーで最も頻度が高く

EU域内の強盗発生、ベルギーで最も頻度が高く

(EU、ベルギー)

ブリュッセル発

2019年12月02日

EU統計局は10月31日、EU域内における強盗の発生件数を公表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。直近の2017年のデータによれば、人口10万人当たりの強盗発生件数はベルギーが167件で最も多かった。

欧州域内での強盗発生件数は減少

EU統計局の発表によれば、EU域内で各国警察に通報のあった強盗発生件数は2017年で約39万6,000件となり、2011年の約52万2,000件と比較して24%減少した。同局の定義では、「強盗(Robbery)」は武器や凶器などを用いた金品の強奪を指し、すり、置き引きなどの暴力や脅威を伴わない盗難、盗難を伴わない暴行は含まれない。

2017年の人口10万人当たりの強盗発生件数を国別(注)みると、ベルギー(167件)、フランス(150件)、スペイン(144件)、イングランドおよびウェールズ(132件)、ポルトガル(115件)の順に多かった。最も少なかったのはスロバキアとハンガリー(各9件)で、次いでリヒテンシュタイン(11件)、スロベニア(12件)も低水準だった。

強盗発生の頻度が最も高い結果となったベルギーでは、在ベルギー日本大使館が繰り返し在留邦人や出張者・旅行者への注意喚起を行ってきた。今回のEU統計局の発表について、11月27日掲載の領事サービス・安全対策メールマガジン外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで取り上げたほか、4月17日掲載の同メールマガジン外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますでも、強盗被害について緊急報告を行っていた。同大使館領事部は、「必要に応じて管轄の警察にも善処の申し入れを行うなど、積極的に取り組んでいきたい」と11月27日掲載の同メールマガジンで述べ、被害にあった場合の領事部への情報提供を呼び掛けている。

(注)英国のデータは、「イングランドおよびウェールズ」「スコットランド」「北アイルランド」に分けて集計されている。

(安田啓)

(EU、ベルギー)

ビジネス短信 d86de204bde385da

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp