1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 11月のインフレ率が1.3%、中銀は2019年通年2.4%と予測

11月のインフレ率が1.3%、中銀は2019年通年2.4%と予測

(フィリピン)

マニラ発

2019年12月18日

フィリピン統計庁(PSA)は12月5日、11月の消費者物価指数(CPI)上昇率(インフレ率)を前年同月比1.3%と発表した。10月(0.8%)、9月(0.9%)に次いで2019年3番目に低い値で、前月より0.5ポイント増、前年同月よりは4.7ポイント減となった(表参照)。

2019年の6月以降5カ月連続で減少していたインフレ率が、0.5ポイントとわずかではあるが上昇した理由についてPSAは、アルコール・たばこ(17.6%)、保険(3.1%)、家庭備品・設備(2.8%)、衣類・靴類(2.7%)といった品目が11月のインフレ率を引き上げたとした。

2019年の1月から11月までの平均のインフレ率は2.5%で、政府目標の2~4%の範囲内にとどまっており、5.2%を記録した2018年通年のインフレ率と比べて半減している。フィリピン中央銀行(BSP)の金融政策委員会は11月14日、2019年通年のインフレ率の予測値を、それまでの2.5%から0.1ポイント引き下げて2.4%とした。一方で、2020年と2021年のインフレ率の予測はともに2.9%とし、予測値を変更しなかった。

表 フィリピンのインフレ率推移

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 aba84a99e2446315

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp