1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. バイコヌールで低軌道衛星通信網構築に向けた衛星の打ち上げ始まる

バイコヌールで低軌道衛星通信網構築に向けた衛星の打ち上げ始まる

(カザフスタン、ロシア)

タシケント発

2019年12月13日

ロシアの国有宇宙開発企業ロスコスモスの傘下で衛星打ち上げを担当する「グラブコスモス」は12月7日、カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地(注)における、「ワンウェブ」(OneWeb)衛星の打ち上げを2020年1月30日に行う予定と発表した。ロスコスモスは2015年6月、ソフトバンクグループなどが出資する衛星通信ベンチャー企業のワンウェブ(本社:英国・ロンドン)、アリアンスペース(欧州諸国共同出資、本社:フランス・クールクーロンヌ)と、衛星の商用打ち上げを行う契約に調印している。

ワンウェブ衛星とは、ワンウェブが進めている世界中にインターネット環境を提供するための低軌道衛星コンステレーションに使われる150キロクラスの小型衛星で、欧州のエアバス・ディフェンス・アンド・スペースと共同開発したもの。衛星の打ち上げはアリアンスペースと米国のヴァージン・ギャラクティックが担い、合計で900基の衛星を打ち上げる予定だ。

ワンウェブは、2019年2月にはアリアンスペースによってフランス領ギニアのクールー宇宙センターから最初の6基の衛星打ち上げに成功している。残りの衛星打ち上げはクールー、バイコヌール、ボストーチヌイ(ロシア)で行われる予定。打ち上げが順調に進めば、2年間でワンウェブ衛星の打ち上げは完了し、地球上のあらゆる場所で既存の通信衛星経由のインターネットより、安価で高速のインターネット通信を利用できるようになる。

(注)旧ソ連は、1955年にバイコヌール宇宙基地を建設した。これはロシアにとって今なお重要な基地であるため、ロシアはバイコヌールの町全体をカザフスタンから租借しており(1994年~)、行政権はロシアが握っている。

(増島繁延)

(カザフスタン、ロシア)

ビジネス短信 5b563eb813f7cca2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp