1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ベトナム最大のスタートアップ・イベント開催、200社超が出展

ベトナム最大のスタートアップ・イベント開催、200社超が出展

(ベトナム)

ハノイ発

2019年12月17日

ベトナム科学技術省(MOST)主催による「テックフェスト・ベトナム2019」が12月4~6日、ベトナム北部クアンニン省ハロン市において開催された。2015年から毎年開催されている国内最大のスタートアップ・イベントで、5回目の実施となる今回は、スタートアップ200社超が出展した。

2019年の開催テーマは「Big Data - Big Chance for Startup」。会場では、ピッチイベントや国際会議が多数行われたほか、エドテック(教育)、メドテック(医療)、アグリテック(農業)、フィンテック(金融)など12の分野別展示エリアが設けられた。6日に行われたスタートアップ・コンテストでは、障がい者による機械操作やドライバーの眠気防止を補助するスマートグラス「マルチ・グラス」が優勝した。

外国勢では英国がパビリオンを出展したほか、スウェーデン、イスラエルの駐ベトナム大使や、シンガポールの政府のスタートアップ支援機関代表やベンチャーキャピタルの代表によるパネル会議への登壇があった。他方、日本のスタートアップの出展はなかった。

投資家が注目するベトナムのスタートアップ・エコシステム

ベトナムのスタートアップ支援組織であるトピカ・ファウンダー・インスティチュートによると、2018年の同国のスタートアップへの投資額は8億8,900万ドルと、2017年(2億9,100万ドル)の約3倍に拡大した。スタートアップ拠点としては後発組のベトナムだが、マーケットとIT人材がそろったASEAN内唯一の国ともいわれ、注目が集まっている。また、米国などで活躍する越僑(外国在住のベトナム人)も、ベトナムのエコシステムを構成する主要なプレーヤーとなっており、今回のイベントでも存在感を示していた。

ベトナム政府は、2016年の首相決定844号(844/QD-TTg)において「2025年までのスタートアップ・エコシステム支援プロジェクト」を打ち出しており、2025年までに2,000のスタートアップ・プロジェクト、600社のスタートアップが生まれることなどを目標としている。ブー・ドゥック・ダム副首相は12月4日の開幕式で、「ベトナムのスタートアップにはリスクを恐れることなく、新技術による製品開発に取り組んでもらいたい」と期待を示した。

写真 テックフェストの開幕式の様子(ジェトロ撮影)

テックフェストの開幕式の様子(ジェトロ撮影)

写真 にぎわいを見せたエドテックの展示エリア(ジェトロ撮影)

にぎわいを見せたエドテックの展示エリア(ジェトロ撮影)

写真 英国パビリオンの様子(ジェトロ撮影)

英国パビリオンの様子(ジェトロ撮影)

(新居洋平)

(ベトナム)

ビジネス短信 34880c2012db4f4c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp