1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 食品関連展示会「IGEHO」がスイス・バーゼルで開催

食品関連展示会「IGEHO」がスイス・バーゼルで開催

(スイス)

ジュネーブ発

2019年11月29日

ホテル・ケータリング・フードサービス関連の展示会「IGEHO」が、11月16~20日にスイス・バーゼルで開催された。この展示会は、MCHスイス・エキシビジョンが主催し、ホテル・外食産業の業界団体ガストロスイスやケータリング協会などが開催に協力している。隔年で開催され、食品関連の展示会としてスイス最大規模を誇る。主催者の20日付の発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますによると、2019年は19カ国の約650社が出展。出展者はスイスを中心とした欧州がメインだが、中国、タイ、ベトナム、米国、ペルーからも出展があった。来場者は約6万5,000人、そのうち90%がスイスから、10%がドイツやフランスなど近隣諸国からだった。

会場は、「食品、飲料」「デリカッセン、ワイン」「コーヒー」「ITソリューション予約システムソフトウエア」「レストラン・ホテルのインテリア、備品」「厨房(ちゅうぼう)用テクノロジーと清掃」「DRINKaffAIR」の7コーナーに分かれ、関連製品が多岐にわたって展示され、多数の来訪者でにぎわった。

DRINKaffAIRは、スイス初のBtoB向けスピリッツフェアとして、2018年にチューリヒで始まったイベントだが、今回初めてIGEHO内のゲストフェアとして開催された。小規模の醸造所も含め、56のブランドが参加した。ジンは特にトレンドで、10以上のブランドが出展した。前回のチューリヒでのフェアに参加していたという出展者は、IGEHO内での開催となったことで、レストランやバーテンダーなどのプロフェッショナルに向けたアピール、商談を行うことができ有意義だったと話した。

日本食関連では、ドイツ、英国、スイスを拠点に日本酒の輸入・卸販売を行う「ウエノ・グルメ(UENO GROUMET)」、スイスで宮崎牛の輸入・卸販売を行う「Umai Wagyu」が出展した。

主催者は会期終了後、「DRINKaffAIR」のIGEHO内での初開催によって、より広範な出展者・来場者を引きつけることができたと述べた。

写真 DRINKaffAIRの様子(ジェトロ撮影)

DRINKaffAIRの様子(ジェトロ撮影)

(城倉ふみ)

(スイス)

ビジネス短信 e40bcd44dcc0565b

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp