1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 香港・珠海・マカオ大橋開通1周年、交通量は伸び悩む

香港・珠海・マカオ大橋開通1周年、交通量は伸び悩む

(中国、香港、マカオ)

広州発

2019年11月08日

香港・珠海・マカオ大橋(以下、大橋)が2018年10月23日に正式に開通して、1年が経過した。香港・珠海・マカオ大橋管理局によると、開通から8月までの交通量(延べ通過車両台数、以下同)は129万360台、1日当たりの平均交通量は8月時点で4,266台だった。 香港政府の2008年時点の予測では、2035年には1日当たりの平均交通量を9,300台と見込んだが、現状では目標値の半数に満たない。 交通量を車両類型別にみると、乗用車およびタクシーは61万2,865台(構成比47.5%)、シャトルバスは43万3,521台(33.6%)、観光バスは17万7,198台(13.7%)、トラックは6万6,776台(5.2%)となった(表1参照)。

表1 香港・珠海・マカオ大橋の交通量(延べ通貨車両台数)

大橋を通過するダブルライセンス車を5,500台増加

通行量が伸び悩む要因の1つは、一般車両の通過に必要なライセンス(注)の発行数が厳しく管理されていることがある。広東省公安庁は10月24日、3地域間の往来のうち、広東省と香港間の往来に必要なダブルライセンスについて、今後追加で5,500件を発行すると発表した。新たに発行されるライセンスのうち、香港の車両分は5,000件、広東省の車両分は500台となる。それぞれの分野ごとの申請条件は表2のとおりで、11月18日から申請を受け付ける。

表2 香港~広東省間のダブルライセンスの申請条件

(注)広東省と香港の双方向の入境が可能となるライセンス。大橋の通行にはこのライセンスが必要。

(梁梓園)

(中国、香港、マカオ)

ビジネス短信 5dd6f458200cddf5

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp