1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 「ビジット・ブエノスアイレス」を立ち上げへ

「ビジット・ブエノスアイレス」を立ち上げへ

(アルゼンチン)

ブエノスアイレス発

2019年11月20日

アルゼンチンの11月15日付「クラリン」紙によると、ブエノスアイレス市の2019年上半期の外国人観光客は前年同期比25%以上増加の146万5,025人を数え、過去7年間で最も好調だ。2019年通年の見通しでは300万人を超えるとも言われており、同市の経済活性化につながりそうだ。

さらなるてこ入れを図るため、同市のオラシオ・ロドリゲス・ラレッタ市長は19日、海外からの観光客誘致を目的とした公的機関「ビジット・ブエノスアイレス(VBA)」の設立を目指すことを市議会で表明した。ホテルに宿泊する外国人観光客から宿泊税を新たに徴収し、それを、設立の財源に充てる構想だ。

ブエノスアイレス市では2019年1月10日から、ホテルの建設・改装・拡張に対する税制優遇措置が導入されている。新たにホテルを建設する場合は投資額の最大27.5%、既存のホテルの改装・拡張の場合には投資額の最大60%に相当する額が10年間税額控除されるものだ。11月14日付「クロニスタ」紙によると、導入開始から10カ月余りが経過した時点で、37のプロジェクトが優遇措置の対象となり、累計投資見込み額は10億4,000万ドルに上る。さらに、50のプロジェクトが検討中という。ホテルの建設・改装・拡張でより多くの外国人観光客を受け入れることは、ホテル業界だけでなくショッピング、レストラン、エンターテインメントなどの分野にも良い影響をもたらし、直接的な外貨獲得の重要な手段にもなることから、ブエノスアイレス市は観光分野への積極的な支援を進めている。

(津下みなみ)

(アルゼンチン)

ビジネス短信 2261356a7966b1c7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp