1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. EU、ブレグジットをめぐる合意を歓迎しつつ、英議会の動きを注視

EU、ブレグジットをめぐる合意を歓迎しつつ、英議会の動きを注視

(EU、英国)

ブリュッセル発

2019年10月18日

欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は10月17日、英国のボリス・ジョンソン首相と共同記者会見外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを開き、「われわれは合意に達した。これで〔英国のEU離脱(ブレグジット)〕に関するあらゆる延期の必要はなくなる」と語り、今回の合意(2019年10月18日記事参照)に安堵(あんど)感を示した。また、アイルランド島での(厳格な)国境管理を回避しつつ、EU単一市場の完全性も守られることになる点を、合意の成果として強調した。

合意に安堵感広がるEU、英下院の判断に注目

ユンケル委員長は、欧州議会と英国議会の双方が離脱協定および政治宣言を承認し次第、直ちにEU・英国の将来関係についての交渉を開始すると述べ、「11月1日から」議論を本格化させる方針を明言した。

これまで、EU側でブレグジット交渉の陣頭指揮に当たってきた欧州委のミシェル・バルニエ首席交渉官は同日、「(ブレグジット交渉を通じて)われわれは和平と双方市民を最優先に考えてきた。今こそページをめくり、英国との新たなパートナーシップに目を向ける時だ」とツイッターに投稿、交渉終結に向けて道筋が付いたことに安堵感をみせた。

欧州議会のダビド=マリア・サッソーリ議長は同日、ブリュッセルで開催された欧州理事会(EU首脳会議)の席上、「英国政府との合意を歓迎する。欧州議会として、今回の合意の内容について、EUおよびその市民の利益にかなうものか精査する」と発言した。また、欧州議会・ブレグジット問題対策グループの座長を務めてきたギー・フェルホフスタット議員(ベルギー選出)は同日付のツイッターで、「ブレグジット自体は残念なことだが、避けられないことだとすれば、これこそがバランスの良い合意だ。ジョンソン首相が英国下院で過半数の支持を集められるか注視しよう。支持が得られた場合、欧州議会として審議することになる。ボールはEU・英国双方の議会にある」と発信した。

(前田篤穂)

(EU、英国)

ビジネス短信 e01b6521bcad22e7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp