1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. チリの老舗日本食レストラン、高級ショッピング通りに2号店をオープン

チリの老舗日本食レストラン、高級ショッピング通りに2号店をオープン

(チリ)

サンティアゴ発

2019年09月19日

チリの首都サンティアゴの高級ショッピング通り、ヌエバ・コスタネラ(Nueva Costanera)通りに8月30日、新しく日本食レストラン「Restaurante Japón」の2号店がオープンした。Restaurante Japónは、1978年に開店した老舗日本食レストランで、2017年3月にジェトロが公開した調査レポート「日本食品消費動向調査(チリ)」PDFファイル(974KB)でもインタビューを実施した。今回は、2代目店主の早乙女幸代氏に2号店をオープンした経緯や店のコンセプトなどを聞いた(9月12日)。

写真 2代目店主の早乙女幸代氏(ジェトロ撮影)

2代目店主の早乙女幸代氏(ジェトロ撮影)

(問)今回2号店を開くに至った経緯やきっかけは。

(答)2号店の開店までは、本店とデリバリー専門店の2拠点があったが、元々、デリバリーを始める前に2号店をオープンしたいと思っており、たまたまヌエバ・コスタネラ通りに空き地が見つかったため、本店とは若干、毛色を変えた高級志向(ヌエバ・コスタネラ周辺はサンティアゴの中心部に位置する本店と客層も異なるため)の店舗としてオープンすることにした。

(問)本店と2号店の間に何かコンセプトの違いはあるか。

(答)2号店は、高級ショッピング通りに立地しているため、料理の盛り付けに高級感を演出する工夫を行っている。日本の居酒屋風メニューも充実させているため、バリエーション豊かなワインやビールなどと一緒に、おつまみを楽しんでいただきながら、締めでおすしを召し上がっていただくイメージでいる。また、日本のビール、日本酒、焼酎もメニューに取りそろえている。

(問)最近のチリ人客の食の傾向の変化や人気のメニューは。

(答)チリ人の食が保守的という傾向は、昔から変わらないように感じる。チリ人は日本人より濃い味付けを好むため、塩や砂糖は多めに使用している。みそ汁や、なめろう(マグロやサーモン)が意外と人気がある。本店では、サーモンやカニカマをキュウリで巻いた「なると巻き」が人気商品の1つで、2号店でも同じ商品を提供したが、お客さんからカニカマではなく、エビやセントージャ(チリイバラガニ)などのもう少し高級な食材を使うよう希望されることがあったため、2号店ではセントージャを使うようになった。本店は大勢で入れるスペースがあり、船盛りなどのコンビネーションメニューがよく出る傾向がある。デリバリーでは、シャリを使わないサーモンのすり身を天ぷらにしてカニカマやノリで巻いた巻物メニューが人気。新店舗では今のところ、なると巻きの売れ行きが好調だ。

(問)今後の課題は。

(答)従業員の教育には問題意識がある。特に、必ずしも日本食や文化に精通、興味を持つスタッフを雇えるわけではないので、メニューの中身を教えることから一苦労。厨房(ちゅうぼう)スタッフは長続きするケースが多いが、ホールスタッフは比較的短期で辞めてしまう傾向があるため、教育の質を改善し、長く働いてもらえるような工夫をすることが課題だ。

写真 店内の様子(ジェトロ撮影)

店内の様子(ジェトロ撮影)

(岡戸美澪)

(チリ)

ビジネス短信 9aec5f7f0f577ae2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp