1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 統計庁、国民ID発行に向けたパイロットテストを開始

統計庁、国民ID発行に向けたパイロットテストを開始

(フィリピン)

マニラ発

2019年09月06日

フィリピン統計庁(PSA)は9月2日、国民ID発行に向けたパイロットテストを開始した。PSAのクレア・デニス・マパ次官は地元メディアに対して、同パイロットテストは2019年の年末まで4カ月にわたってマニラ首都圏の1万人の市民を対象に実施し、高齢者、身体障害者、シングルマザー、農家といった社会福祉開発省(DSWD)の支援対象者に焦点を当てて実施すると説明した。

国家経済開発庁(NEDA)のアーネスト・ペルニア長官はその後の計画について、2020年中に1,500万人を対象として国民IDの登録を進め、2021年までにさらに5,000万人、そしてドゥテルテ大統領の任期である2022年までには全ての国民(約1億人)とフィリピンに在留する全外国人のID登録を完了させると説明した。

ドゥテルテ大統領は2018年8月、国民ID発行を規定する身分証明制度法に署名した際、同法の施行とIDの発行によって、政府サービスの迅速化や不正金融取引の防止につながると説明した。IDには氏名、生年月日、性別、出生地、血液型、住所、フィリピン人か外国人のいずれかといった情報が記載される。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 5e8f8ccf712897c3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp