ニュージーランド中銀、政策金利を過去最低の1.0%に引き下げ

(ニュージーランド)

オークランド発

2019年08月19日

ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行に相当)は8月7日、政策金利のオフィシャルキャッシュレート(OCR)を0.5ポイント引き下げ、過去最低の1.0%とした。利下げは、2年ぶりだった5月8日に続き、2019年で2回目。市況予想の1.25%よりも引き下げられた。

前日に発表された6月の失業率は3.9%で、2008年9月以降では最も低い数字だった。また、6月の消費者物価指数(CPI)も1.7%と、RBNZのインフレ目標値1~3%の範囲内だった。しかし、RBNZは、経済成長率の減速や世界経済の不確実性による景気見通しの悪化から、雇用やインフレ率を支えるために金融支援策が必要と判断した。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の7月のビジネス見通し調査によると、向こう1年のビジネスコンフィデンス(投資意欲を含む全般的な企業マインド)は、回答企業のうち44.3%が悪化すると予想しており、前月よりも6ポイント低下していた。この指標は2017年末からマイナス(悪化)で推移している。

今回の利下げにより、市中銀行の預金金利レートも引き下げており、預金者も影響を受けるが、RBNZは、むしろ借り手に恩恵を与えることで経済を刺激し、建設事業を含めた投資の増加に期待を寄せている。

RBNZは将来の雇用やインフレ率の目標達成ために、世界の景気動向や低金利も見据え、さらなる利下げやマイナス金利の可能性の含みを示している。

(奥貴史)

(ニュージーランド)

ビジネス短信 fa2b9a67deada13d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp