1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年米大統領選挙の世論調査、バイデン氏、サンダース氏、ウォレン氏が2桁支持を維持

2020年米大統領選挙の世論調査、バイデン氏、サンダース氏、ウォレン氏が2桁支持を維持

(米国)

米州課

2019年08月15日

2020年の米国大統領選挙の民主党候補について、調査会社モーニングコンサルトが8月5~11日に実施した世論調査結果外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(注1)によると、「民主党の予備選で誰に投票するか」という問いに対して、ジョー・バイデン氏が33%と1位で、2位以下は、バーニー・サンダース氏(20%)、エリザベス・ウォレン氏(14%)だった。7月末の第2回民主党候補者討論会後に実施された各種世論調査でも、この上位3人は2桁の支持率を維持している(表1参照、注2)。

各候補者の詳細は、2019年7月30日記事参照

表1 民主党の予備選で誰に投票するか

モーニングコンサルトの世論調査で好感度を聞いたところ、バイデン氏(75%)、サンダース氏(73%)、ウォレン氏(63%)、カマラ・ハリス氏(54%)に続いて、ベト・オルーク氏(49%)、コーリー・ブッカー氏(46%)、ピート・ブッティジェッジ氏(44%)が上位を占めた。

また、8月3~6日に英国経済紙「エコノミスト」と調査会社ユーガブが共同で実施した世論調査結果によると、民主党候補者討論会の参加者の評価について、7月30日の参加者ではウォレン氏、7月31日ではバイデン氏の評価が高かった(表2、表3参照)。

年齢層で見ると、ウォレン氏の評価は18~29歳(22%)、30~44歳(20%)、45~64歳(20%)、65歳以上(23%)と、若年層と高齢層で比較的高かった。一方、バイデン氏は18~29歳(13%)、30~44歳(13%)、45~64歳(14%)、65歳以上(19%)と、年齢層が高くなるにつれ評価が高くなる傾向だった。

表2 民主党候補者討論会(7月30日)で一番良かった候補者
表3 民主党候補者討論会(7月31日)で一番良かった候補者

第2回民主党候補者討論会については、2019年8月2日記事参照

(注1)調査の実施時期は8月5~11日、対象者は民主党予備選投票予定者1万7,117人。

(注2)各調査の実施時期、対象者は次のとおり。サーベイUSA:8月1~5日。民主党予備選投票予定者999人。エコノミスト、ユーガブ:8月3~6日。民主党支持者573人。

(松岡智恵子)

(米国)

ビジネス短信 cd5aa6f9659a0bd4

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp