1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 13都市でリハビリ・福祉用具のレンタルサービスを試験的に展開

13都市でリハビリ・福祉用具のレンタルサービスを試験的に展開

(中国)

大連発

2019年07月09日

国家民政部、国家発展改革委員会、国家財政部、中国障がい者連合会は6月27日、リハビリ・福祉用具のレンタルサービス(以下、サービス)を試験的に展開する13都市を発表した(注1)。試験実施期間は2年間で、サービスの主な利用者は高齢者と障がい者を想定し、利用しやすいよう社区(注2)を中心に展開することを求めているほか、リハビリ・福祉用具の認知度向上と購入にかかる負担軽減を図るとしている。

13都市は、北京市石景山区、河北省秦皇島市、吉林省吉林市、上海市、江蘇省常州市、浙江省嘉興市、安徽省安慶市、江西省贛州市、河南省焦作市、湖南省湘潭市、広東省広州市、四川省成都市、甘粛省蘭州市(蘭州新区)。試験実施都市の選定に先駆け、同4部署は2018年末、サービスの試験的な展開に関する通知を発表し、サービスへの参画を希望する地域を募集していた(注3)。

13都市それぞれにおける実施方針も公表された。例えば、2018年から既に一部の地域でサービスを導入している上海市では、試験実施期間の2年間で市内の半数以上の地域でサービスを展開するとした。そのための補助金として1,000万元(約1億6,000万円、1元=約16円)を投じ、サービスと長期介護保険や商業保険との連携も模索するとした。

同4部署はサービスを展開するに当たり、現地政府が監督管理、補助金を含む優遇策の制定を主に担当し、運営面では企業による参画を積極的に呼び掛けている。サービスを提供する企業のほか、用具の洗浄・消毒など関連企業の参入も歓迎するとしている。

サービスへの参入を検討する企業においては、各実施都市の管轄部署に、今後の具体的なスケジュールや参入要件などを確認する必要がある。

(注1)国家民政部のウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照。

(注2)社区とは地域におけるコミュニティーの単位で、政府の末端の組織となる。地域の治安維持やごみ収集、ボランティア活動の募集などのほか、カルチャー講座、家政サービス、養老サービスなどを住民に提供する。

(注3)国家民政部のウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照。

(呉冬梅)

(中国)

ビジネス短信 67ab0f42ac694a24

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp