1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米国務省、ビザ申請者にSNS情報の提出を義務付け、ESTAでの提出は任意

米国務省、ビザ申請者にSNS情報の提出を義務付け、ESTAでの提出は任意

(米国)

米州課

2019年06月05日

米国務省は5月31日、ビザ申請者に対して、SNSアカウントの情報の提出を義務付けたと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした(注)。

移民あるいは非移民用の申請書に、過去5年以内に利用したソーシャルメディアの情報を記載するよう求められる。米国のフェイスブック、グーグル+、インスタグラムなどだけでなく、中国の豆瓣(ドーバン)、QQ、微博(ウェイボー)なども申告の対象となる。米国の年間150万人に上るビザ申請者に適用される。なお、ビザ免除プログラムによるESTA(電子情報システム)申請者は本義務の対象外としている。

国務省の関係者は、今回の規制は「近年、ソーシャルメディアがテロ活動に利用されており、テロリストや国家安全への脅威の排除、入国を試みる危険人物の審査に有効だ」としている。

米国自由人権協会(ACLU)のヒナ・シャムシ国家安全プロジェクト部長は「オンライン上の発言について、国家が誤った解釈をする可能性もある。SNSの調査が有効で公平である保証はない」と発言している。

(注)詳細についてはFAQ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます参照。

(松岡智恵子)

(米国)

ビジネス短信 7b82da075886dabf

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp