1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. フォードがEVスタートアップのリビアンに5億ドルを投資

フォードがEVスタートアップのリビアンに5億ドルを投資

(米国)

シカゴ発

2019年05月01日

フォードは4月24日、カーシェアリング用自動運転機能を備えた電気自動車(EV)を製造するスタートアップのリビアン・オートモーティブ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(以下、リビアン、注)に5億ドルを投資すると発表した。

フォードはリビアンへの出資により、新しいEVを製造する。フォードは2022年までに110億ドルをEV技術に投資すると発表しており、今回の投資はその一環だとしている。フォードのジム・ハケット社長兼CEO(最高経営責任者)は「フォードが新しい形態のインテリジェントカーや推進システムとともに変革するにつれ、リビアンとの提携は新鮮なものとなる。またリビアンにとっても、フォードの人材やリソースが有益なものとなるだろう」と発言している。

リビアンは、2019年2月にアマゾンらから7億ドルの出資を受けている。大手投資銀行モルガン・スタンレーのアナリストのアダム・ジョナス氏は、リビアンが有する豊富な人材と資本、米国市場で最も人気が高いピックアップトラックとスポーツ用多目的車(SUV)に特化していることを挙げ、「EV市場で先行するテスラにとって大きな脅威となるだろう」と述べた。

リビアンは、2020年後半に米国で「R1T」と「R1S」を発売し、2021年から他の地域で販売する予定だ。

(注)2009年創業。ミシガン州プリマスに本拠を置くほか、カリフォルニア州に自動運転やバッテリーなどの技術開発拠点を持つ。

(河内章)

(米国)

ビジネス短信 5592882b568a8264

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp