ジェトロのミッション団、イノベーションとロジスティクスのビジネス環境を視察

(アルゼンチン、ウルグアイ)

ブエノスアイレス発

2019年05月08日

ジェトロは4月23~26日、ロジスティクス分野やイノベーション関連のビジネス環境に関する情報提供、現地エコシステム関係者とのネットワーキングに焦点を当てた、南米南部(アルゼンチン・ウルグアイ)ビジネス環境視察ミッションを主催した。ブラジル進出日系企業を中心に、商社、ロジスティクス、機械関連企業など30社36人が参加し、両国におけるビジネス機会を探った。

今回のミッション派遣は、2018年11月30日~12月1日にブエノスアイレスで開催されたG20首脳会議に合わせて、安倍晋三首相がアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイのメルコスール構成国を訪問したことを受け、そのフォローアップとして実施。また、安倍首相のウルグアイ訪問時におけるタバレ・バスケス大統領との共同記者発表PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)で、4月のウルグアイへのビジネスミッション派遣が言及されていた。

アルゼンチンでは、NECの映像監視ソリューションを活用した監視システムを導入しているティグレ市のオペレーションセンターや、2018年から現地でモビリティー・サービスの提供を開始したアルゼンチン・トヨタ、アルゼンチンのユニコーン企業の一角を担うオンライン旅行大手企業(デスペガール・ドットコム)、IT新興企業(グローバント)などを訪問。それぞれのサービス導入経緯や運用状況、中南米におけるサービス展開の戦略について情報収集を行った。

写真 アルゼンチンのユニコーン企業訪問の様子(ジェトロ撮影)

アルゼンチンのユニコーン企業訪問の様子(ジェトロ撮影)

ウルグアイでは、フリーポートと2カ所のフリーゾーンのほか、実際にフリーゾーンでオペレーションを行っている現地企業(グルーポ・ラス)への訪問を通じて、免税措置などの特典を活用したビジネスに関する最新事情を把握した。

参加企業からは、今回のミッションを通じた人脈形成によってビジネス拡大の可能性が広がったとのコメントや、南米南部の物流拠点としてのウルグアイの可能性を評価する声も上がった。また、具体的なビジネスに動くことを表明した企業もあり、今後のビジネス展開が期待される。

写真 ウルグアイのフリーゾーンに関する説明を受ける様子(ジェトロ撮影)

ウルグアイのフリーゾーンに関する説明を受ける様子(ジェトロ撮影)

(高橋栞里)

(アルゼンチン、ウルグアイ)

ビジネス短信 43f0ba51ba25e53c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp