1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 厚生労働省、韓国産ヒラメなどの検疫を強化

厚生労働省、韓国産ヒラメなどの検疫を強化

(韓国)

ソウル発

2019年05月30日

日本の厚生労働省は5月30日、夏の食中毒シーズンに備え、「平成31年度輸入食品等モニタリング計画の改正について外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」を発表し、韓国産ヒラメなどに係る衛生対策を確保することを明らかにした。同改正により、韓国産生食用養殖ヒラメ、および輸入生食用冷蔵むき身アカガイ、タイラギガイ、トリガイ、ウニの検疫が強化される(詳細は上記改正のリンク参照)。

韓国の2018年の対日水産物輸出は、金額ベースで7億5,797万ドル(重量ベースで9万4,343トン)となり、このうちヒラメは2,553万ドル(1,878トン)だった(表参照)。対日水産物輸出金額に占めるヒラメの割合は3.4%で、魚肉、水産加工品、ノリなどに次ぐ主要水産輸出品目になっている。なお、2018年の韓国の対世界ヒラメ輸出は4,891万ドルで、日本向け輸出は全輸出の52.2%を占める。

表 韓国におけるヒラメ関連統計

韓国の複数のマスコミは今回の改正について、WTO上級委員会による「韓国による日本産水産物等の輸入規制措置」の判断に対する日本の「報復措置」と報じている。一方、厚生労働省は、対抗措置ではなく、「夏期の食中毒増加を前に、国民の健康を保護する観点から一部の輸入水産物について、検査を強化するため」と理由を明らかにしている。

〔李海昌(イ・ヘチャン)〕

(韓国)

ビジネス短信 3abf2f5977ee2c44

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp