1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ジェトロとCCPIT、第三国初の「日中ビジネス協力に関するワークショップ」をタイで開催

ジェトロとCCPIT、第三国初の「日中ビジネス協力に関するワークショップ」をタイで開催

(タイ、日本、中国)

バンコク発

2019年04月04日

ジェトロと中国国際貿易促進委員会(CCPIT)は4月2日、佐渡島志郎駐タイ日本大使、呂健駐タイ中国大使を招き、共同で「タイにおける日中ビジネス協力に関するワークショップ」を開催した。本ワークショップは、2018年10月に北京で開催された「第1回日中第三国市場協力フォーラム」においてジェトロとCCPITとの間で結ばれた覚書に基づき、日本と中国以外で開催された初めてのワークショップだ。

ワークショップではまず、経済産業省貿易経済協力局の石川正樹局長が冒頭あいさつにおいて、「安倍(晋三)総理(首相)の進めるグローバルスタンダートに沿った持続可能なインフラ投資を促すには、投資を実施する国にとってもメリットがあるものでなければならない」と日中、そしてタイの「ウィン・ウィン・ウィン」効果の重要性について述べた上で、ワークショップの最初の舞台としてタイが選ばれたことは、日中両国のタイ経済に対する期待の表れ、との考えを示した。続いて、CCPITの兪海燕副巡視員は「世界には膨大なインフラ需要があり、その需要に応じるために日中は協力すべきだ」と述べた。また、「新興国で日中が成長するには協力が必要で、双方の政府・企業が情報や資源を共有しながら、環境の変化に柔軟に対応すべきだ」と、日中協力の必要性を説明した。

その後の基調講演では、カニット東部経済回廊(EEC)事務局長が「EEC事務局は資金調達の支援や投資の新しいスキームづくりなど持続可能な投資の枠組みを推進していく」と抱負を述べた。

本ワークショップでは、「運輸・物流」「エネルギー・環境」「スマートシティ」の3つの分野において、具体的な日中協力案件を形成することを目的に行われた。午前のその他のセッションでは、個別分野の企業によるプレゼンテーションに加え、国際協力銀行(JBIC)および中国商工銀行(ICBC)による金融支援策などについて説明が行われた。また午後には、分野ごとに分科会が開催され、参加企業によるプレゼンテーションや活発なネットワーキングが行われた。

なお、本ワークショップには約350人の参加があり、日中タイの企業関係者の関心の高さがうかがえた。

写真 フォトセッションの様子(ジェトロ撮影)

フォトセッションの様子(ジェトロ撮影)

写真 会場の本ワークショップには約350人が参加した(ジェトロ撮影)

会場の本ワークショップには約350人が参加した(ジェトロ撮影)

(阿部桂三)

(タイ、日本、中国)

ビジネス短信 f4ddca4c1cef7701

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp