1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 港湾・空港開発税を減免、2019年度予算案可決

港湾・空港開発税を減免、2019年度予算案可決

(スリランカ)

コロンボ発

2019年04月15日

スリランカ国会は4月5日、2019年度予算案(財政法案)を可決した。一部製品の港湾・空港開発税(PAL)が減税、また免税されることになる。例えば、のこ盤や研削盤、研磨盤などが免税になり、縫製産業向け機器、フォークリフトやブルドーザーといった機器が減税となる。準関税措置の1つだったPALが減免されることで、進出日系企業の負担は軽減される。

マンガラ・サマラウィーラ財務・マスメディア相は税率変更の主な理由について、「拡大する建設業、観光業、製造業の分野で必要な中間財の税率を下げることで、これらの分野をさらに加速させるため」と説明し、「HSコード84類(一般機械)と85類(電気機器)を中心に税率を下げる」と述べた。84類、85類品目の取引価格(CIF価格)に対し、最大7.5%課せられていた税率が2.5%以下まで軽減されることとなる。84類は9月1日から、85類は6月1日から新税率が適用される。その他の品目については、予算案発表日の3月6日から既に適用が開始されている。

また、5,000万ドル以上の新規投資案件にかかる中間財輸入時などのPALは、商業利用の開始(注)まで免税となることも公表された。税率変更の詳細は添付資料を参照。

(注)例えば、5,000万ドル以上のホテルリゾートの投資案件の場合、開業まではPALが免税になり、開業後は課税。同様に、新規工場の建設の場合、工場稼働までは中間財輸入に対するPALは免税、稼働後は課税となる。

(井上元太、ワーサラゲー・ラクナー)

(スリランカ)

ビジネス短信 eee3c54360b400aa

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp