1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 「Making Indonesia 4.0」の具体化に向けたIoT指標を導入

「Making Indonesia 4.0」の具体化に向けたIoT指標を導入

(インドネシア)

ジャカルタ発

2019年04月25日

インドネシア工業省は、4月15~16日「インドネシア・インダストリアル・サミット・2019」をジャカルタ西部のタンゲランで開催した。「MAKING INDONESIA 4.0 THE JOURNEY OF TRANSFORMATION」をテーマとし、「Making Indonesia 4.0」の具体化に向けたIoT(モノのインターネット)指標の導入など、1年間の取り組みが発表された。

ユスフ・カラ副大統領は基調講演で、「インダストリー4.0を目指すに当たり、テクノロジーの活用を推進し、価値を構築することが求められる。ロボットによるオートメーションが進んだとしても、スキルや教育は依然として必要だ」と述べ、産業人材育成の重要性を訴えた。

今回のサミットでは、インドネシア産業界のインダストリー4.0に向けた企業の取り組み状況を測る指標である「INDI 4.0(Indonesia Industry 4.0 Readiness Index)」が工業省から正式発表された。INDI 4.0は、マネジメント、人材、製品・サービス、技術、生産オペレーションの5つによって、企業を5段階に評価するもの。指標を導入することで、企業各社の自主的な取り組みを促す狙いがある。同省によると、既に300社を超える企業がINDI 4.0に基づく評価を行った。このうち、模範的な取り組みを行った日系企業のToyota Motor Manufacturing Indonesiaを含む5社が認定され、サミットの中で表彰された。また、工業省はスタートアップイベント「Making Indonesia 4.0 Startup」を開催し、IoTを活用したイノベーションの創出や起業家の育成を図っていることをアピールした。

2018年4月に政府が発表したロードマップ「Making Indonesia 4.0」(2018年4月12日記事参照)をさらに進展させるため、デジタル時代に適応できる産業を育てたいとの考えが、インドネシア各省庁や産業界などから示された。

写真 基調講演を行うユスフ・カラ副大統領(ジェトロ撮影)

基調講演を行うユスフ・カラ副大統領(ジェトロ撮影)

(北條恵理)

(インドネシア)

ビジネス短信 cc02b56b44231dc1

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp