1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. サムスンがポーランドに3つ目のスタートアップ支援拠点を開設

サムスンがポーランドに3つ目のスタートアップ支援拠点を開設

(ポーランド)

ワルシャワ発

2019年04月19日

サムスン電子(韓国)は4月15日、ポーランド東部ビャウィストクにポーランドでは3つ目となるインキュベーション拠点を開設した。国連環境計画(UNEP)ワルシャワセンター、ビャウィストク科学技術パーク、スタートアップのインキュベーション・アクセラレーションを支援するヒュージテック(HugeTECH)との協働で、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)達成のための、課題解決に取り組むスタートアップを支援する。

サムスンはワルシャワの研究開発(R&D)拠点で、言語、コンピュータ・ビジョン、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)などの研究開発を行っている。インキュベーション施設のプログラム選考に選ばれたスタートアップは、サムスンの開発陣のメンタリングも受けることができる。サムスンはスタートアップへの技術的な支援にとどまらず、投資家を見つけるためのプロモーション支援も行い、優良なスタートアップはサムスンから資金面での支援も受けることができる。

サムスンは、2017年4月にポーランド南東のジェシュフに、2019年2月には東部のルブリンにインキュベーション施設を設けている。ジェシュフでは、ジェシュフ工科大学および航空機産業クラスターの「アビエーションバレー」と協働で、IoT分野のスタートアップを支援。12週間のインキュベーションプログラムを12社のスタートアップが修了している。2017年4月~2018年4月の間に、ハッカソンやビジネスワークショップ、外国人ゲストとのミーティング、小学校・職業学校の学生を対象にしたコーディングの授業など74の無料のイベントが開催され、延べ2,500人が参加した。

ルブリンでは、インターネットのセキュリティーを専門とする公的研究機関NASKおよびルブリン工科大学と協働で、サイバーセキュリティー分野のスタートアップを支援。サイバーセキュリティー分野の起業家の支援にとどまらず、地域コミュニティーのデジタル分野の能力向上も活動の目的としており、コーディングの授業やハッカソンなども企画する。

なお、サムスンは日本を含む世界12カ国にR&D拠点を構えており、欧州ロシアCIS地域の拠点はポーランドのほか、英国、ウクライナ、ロシアにある。

(深谷薫)

(ポーランド)

ビジネス短信 caac2b51e1e19698

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp