1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 5年に1度の米国農業センサス発表、農場数は微減も大規模農場増加

5年に1度の米国農業センサス発表、農場数は微減も大規模農場増加

(米国)

シカゴ発

2019年04月22日

米国農務省(USDA)は4月11日、2017年米国農業センサスを発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。同センサスは1840年開始と約180年の歴史を持ち、現在は5年に1度実施されている。米国の農場(牧場を含む)に関する人口、経済状況、土地、経営活動などの実態について、各農場へのアンケートを基にまとめた包括的な農業統計だ。

今回、農場数全体の減少と小規模農場および大規模農場の増加、生産者の高齢化、女性生産者の増加といった特徴が見られた。

農場数は、前回調査の211万件から3.3%減の204万件だった。総農場面積は、前回調査から1.6%減の約3億6,431万ヘクタールだった一方、1農場当たりの平均面積は約178ヘクタールと約1.6%増加している。2,000エーカー(約800ヘクタール、1エーカー=約0.4ヘクタール)以上の大規模農場数は3.6%増の約8万5,000件、10エーカーから2,000エーカー未満の農場数は6.6%減の約168万4,000件、1エーカーから10エーカー未満の小規模農場数は22.2%増の約27万3,000件となっており、小規模と大規模農場に二極化する兆しが見えた。

作物別の農場数では、トウモロコシや小麦などの穀物類をはじめ、多くの分野で減少傾向にあるが、肉牛や養豚、大豆、甘藷(かんしょ)が前回調査に比べて増加している。

全生産者の平均年齢は57.5歳で、1.2歳上昇した。

女性生産者数は26.6%増の約123万人だったが、USDAによると、今回の調査では設問の変更により、1人だけでなく複数の生産者を報告する農場が増え、その多くが女性だったことが影響しているとした。

このほか、再生可能エネルギーの利用状況やオーガニック農産物の販売状況、農場の収入状況などの統計や、各種農畜産物の生産状況を示したマップ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますなども公開されている。

(飯田桃子)

(米国)

ビジネス短信 56db4cce735a69c6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp