1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. EU製品に対する輸入関税の段階的撤廃を開始

EU製品に対する輸入関税の段階的撤廃を開始

(コートジボワール)

アビジャン発

2019年02月22日

コートジボワール政府は1月23日、EUとの暫定経済連携協定(EPA)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますの下、EU製品に対する輸入関税の段階的な撤廃のうち、第1フェーズを開始する施行令を閣議決定した。

コートジボワールは2016年8月にEUとの暫定EPAを批准し、2018年9月3日に同EPAの暫定適用が開始された。2019年1月1日から、一部品目の関税率引き下げが実施されている(2018年11月28日記事参照)。EU製品に対する輸入関税は、品目グループ(A、B、C、D)別に段階的に撤廃され、2029年には全体の約80%に相当する5,398品目が自由化される。

第1フェーズでは1,155品目が対象に

2019年1月に自由化された第1フェーズの品目は、主に生活必需品、基礎的原材料、特殊設備などで、タリフライン(関税品目)ベースで1,155品目が対象。このうち、既に無税となっているもの(71品目)や、輸入実績がないもの(645品目)が多く含まれているほか、345品目については輸入金額がわずかで、当該商品の関税収入はそれぞれ100万CFAフラン(約19万円、1CFAフラン=約0.19円)に満たない。

2016年のEU諸国からの対象品目の輸入総額は、約430億CFAフランで、政府の試算によると、第1フェーズの関税削減による税収への影響は、約20億CFAフランの減収にとどまるとしている。

2021年から第2フェーズ(1,150品目)、2024年から第3フェーズ(1,035品目)、2026年から第4フェーズ(1,025品目)、2029年から第5フェーズ(1,033品目)が実施される予定。主に中間財や最終消費財を中心とするBグループおよびCグループの商品については、2026年と2029年に自由化が予定されている。また、農産物や国内で生産されている消費財、さらには生産が計画されている商品などは、センシティブ品目としてDグループ(730品目)に分類され、自由化の対象外となっている。

(渡辺久美子)

(コートジボワール)

ビジネス短信 c0bf63608e1c4ae4

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp