1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2018年の新車販売台数は7.7%増、日系ブランドも好調

2018年の新車販売台数は7.7%増、日系ブランドも好調

(コロンビア)

ボゴタ発

2019年01月29日

コロンビア自動車協会(ANDEMOS)の発表によると、2018年の新車販売(登録)台数は前年比7.7%増の25万6,662台となった(表参照)。国内販売台数は、2014年に過去最高を記録した32万台から減少が続いていたが、2018年に回復に転じた。

表 ブランド別新車販売(登録)台数

ブランド別にみると、首位はゼネラルモーターズ(GM)シボレーの4万9,916台(シェア19.4%)で、ルノーが4万9,741台(19.4%)、日産が2万3,190台(9.0%)と続く。

日系メーカーでは、3位の日産(前年比10.0%増)が前年と同順位になったほか、4位のマツダ(15.1%増、前年:5位)、6位のトヨタ(47.8%増、7位)、9位のスズキ(14.0%増、10位)、15位のホンダ(20.9%増、16位)は、いずれも2桁増となり、前年より順位を上げた。

2019年は27万台に増加の予測

ANDEMOSのオリベリオ・エンリケ・ガルシア・バスルト会長は、2019年の自動車販売台数は約27万6,000台に増加すると予測している。好調な国内経済が追い風となるほか、メキシコやEUとの自由貿易協定(FTA)による自動車の輸入関税減税が、市場に良い影響を与えるとみている。また、メルコスールとの経済補完協定(ACE72号、注)に基づき、2019年のブラジルおよびアルゼンチンからの無関税輸出枠が、それぞれ5万台、2万8,000台に拡大することも、市場を牽引するとみられている。

(注)2017年12月にブラジル、アルゼンチンと、2018年6月にウルグアイと発効。パラグアイとは現時点で未発効。

(茗荷谷奏)

(コロンビア)

ビジネス短信 3f74e3ba6fb21d3d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp