国家投資委員会と貿易省を統合し投資貿易省を設立

(ウズベキスタン)

タシケント発

2019年01月29日

ウズベキスタンで1月28日、国家投資委員会と貿易省が統合され、投資貿易省が設立された。投資貿易相には、サルドル・ウムルザコフ元ウズチャルムサノアト(皮革産業公社)総裁が任命された。報道によれば、ウムルザコフ氏は1977年11月23日生まれで、欧州復興開発銀行(EBRD)や財務省での勤務経験がある。

また、対外経済関係投資貿易相を務めた後、大統領府に移り、直近は大統領副顧問職にあったエリヨル・ガニエフ氏は、投資と対外経済関係を担当する副首相に異動した。同副首相ポストはこれまで、国家投資委員会議長だったスフロブ・ホルムラドフ氏が務めていた。貿易相だったジャムシド・ホジャエフ氏は、農業相へ転任した。

(下社学)

(ウズベキスタン)

ビジネス短信 34e8fb5432b4fd86

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp