1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ロシア含むEEU域内で食品の遺伝子組み換えマーク表示が義務化

ロシア含むEEU域内で食品の遺伝子組み換えマーク表示が義務化

(ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギス)

欧州ロシアCIS課

2018年12月28日

12月26日から、ロシアを含むユーラシア経済連合(EEU、注)域内で流通する食品のうち、遺伝子組み換え作物(GMO)が使用されている製品について、マーク表示が義務化された。

施行されたのは、ユーラシア経済委員会決定第90号(2017年12月20日付)「EEU技術規則『食用製品のマーキングについて』(TR/TS022/2011)の修正について」で、同規則第4条の11に修正を加え、0.9%を超えるGMO成分を含む食品に関し、EEUの品質基準に対応した製品であることを示す「EAS」マークの隣に、同じ形状・大きさで「GMO」マークを表示することが追記されている。

既存の生産者に対しては、同じくユーラシア経済委員会決定(2018年5月10日付第72号)で、移行期間として施行から18カ月間が設定されている。

(注)ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギス。

(高橋淳)

(ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギス)

ビジネス短信 81ee53e591373128

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp