日豪スマートシティ・ラウンドテーブルをシドニーで開催

(オーストラリア、日本)

シドニー発

2018年12月04日

ジェトロとオーストラリア貿易投資促進庁(Austrade)は11月27日、「日豪スマートシティ・ラウンドテーブル」をシドニー市内で開催し、両国の政府・ビジネス関係者66人が参加した。同ラウンドテーブルは、日本の経済産業省とオーストラリアの産業イノベーション科学省(DIIS)が締結した覚書に基づいて開催され、両国で科学技術協力を推進する狙いがある。

写真 ラウンドテーブルの様子(ジェトロ撮影)

ラウンドテーブルの様子(ジェトロ撮影)

今回のラウンドテーブルで議論の中心となったのは、オーストラリア連邦政府と州東南部にあるニューサウスウェールズ(NSW)州が進める「西シドニー空港都市(エアロトロポリス)」の開発計画についてだ。エアロトロポリスでは、医療、教育、環境など多くの分野で最新技術が活用される予定だ。

同計画への参入機会を探るオーストラリア進出日系企業は、通信、重工業、IT、住宅、建設などの分野で活用されている各社技術を紹介した。オーストラリア側からは、日本が技術的優位性を持つCO2フリー水素(二酸化炭素の排出量を低減させた方法で製造された水素)を使った取り組みや、IoT(モノのインターネット)プラットフォームの事例、日本政府が取り組むソサエティ5.0など、多くの質問が出た。

11月16日に北部準州ダーウィンで行われた日豪首脳会談においても、IoTを利用したスマートシティの重要性が確認されており、今後、同分野における両国の協力が期待される。

(小柳智美)

(オーストラリア、日本)

ビジネス短信 01ac535de6655c19

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp