1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. アフリカ随一のネットワークを目指すエチオピア航空

アフリカ随一のネットワークを目指すエチオピア航空

(エチオピア)

アディスアベバ発

2018年11月29日

政府系の「エチオピア・ヘラルド」紙(11月24日)によると、エチオピア航空は2030年までの戦略計画を策定し、アフリカ随一のネットワーク構築を目指す。同航空は11月発表資料外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますの中で、保有機材数を108機、平均機齢は5年未満としており、これに加えて発注済み機材が66機あるという。アフリカ域内60都市に就航しており、国際線の就航先は旅客・貨物合わせて116地点を数える。2016/2017年度の売上高は27億ドル超、利益は2億3,281万ドルと報告している。

エチオピア航空のテウォルデ・ゲブレマリアム最高経営責任者(CEO)によれば、2017年の旅客数は1,100万人で、このうち、950万人が国際線利用者という。同航空の本拠地アディスアベバは、アフリカ連合(AU)本部を抱えるいわゆる政治都市で、外交団が数多く往来する。また、欧州13都市と北米5都市に就航し、アフリカ域内の路線網を生かしてリゾート地に行くにも利便性が高い。中国には5都市(北京、上海、成都、広州、香港)に就航しており、アフリカ各国に向かうビジネスパーソンや労働者の乗り継ぎ利用が多い。同航空は、こうした需要をうまく捉えて成長している。

近年では、アフリカ各国の航空会社の運営にも参入している。同航空の成功を受けて、ナショナルフラッグキャリアを立て直したい各国から、提携・資本参加などの依頼が舞い込んでいるほか、同航空自体も、アフリカ随一のネットワーク規模の航空会社となることにより、将来にわたる成長を目指しているようだ。「エチオピア・ヘラルド」紙によれば、マラウィ航空(資本参加率:49%)、チャド航空(49%)、ザンビア航空(45%)、トーゴのアスキー航空(27%)に出資済みという。さらに、ギニア(49%)での出資計画、モザンビークへの単独資本(100%)での進出計画も進んでおり、赤道ギニアでは運営権取得で合意した、と報じられている。

(関隆夫)

(エチオピア)

ビジネス短信 e6996d278121f83c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp