1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 上海で「2018世界人工知能大会」、世界のAI専門家が集結

上海で「2018世界人工知能大会」、世界のAI専門家が集結

(中国)

上海発

2018年10月01日

上海市の黄浦江西岸地区で9月17~19日、「2018世界人工知能大会」が開催された。40カ国・地域から200以上のAIのリーディングカンパニーや専門家が集結し、世界のAIの将来について語った。中国政府の国家発展改革委員会、科学技術部、工業・信息化部、国家インターネット情報弁公室、中国科学院、中国工程院、そして上海市政府が主催した。開幕式では、劉鶴副首相がスピーチし、李強上海市書記が習近平国家主席の祝賀メッセージを代読した。

メインフォーラム(於西岸芸術中心)では、アリババグループの馬雲(ジャック・マー)会長、テンセントの馬化騰最高経営責任者(CEO)、百度の李彦宏CEOのほか、華為技術(ファーウェイ)、京東(ジンドン)、科大訊飛(アイフライテック)、商湯科技、小米、上海汽車集団のトップらがスピーチした。外国企業としては、グーグル、アマゾン、マイクロソフトなどの代表がスピーチした。日本からは、日本人工知能学会会長の浦本直彦氏が日本のAI研究の状況を説明した。

また、全国初となる「人工知能創業投資サービス連盟」の設立宣言式も行われた。同連盟は、国家発展改革委員会の指導の下、国投創合国家新興産業創業投資引導基金、中金啓元基金、勝富泰克基金や、シリコンバレーキャピタルなど、AI領域の40強の各機構により設立された。上海市楊浦国家双創師範基地に事務局を置き、AI関連の投資や研究を行う。

大会期間中に、上海市政府は「人工知能の質の高い発展を急速に推進するための実施方法」を発布した。ハイレベル人材の集中、データの開放と応用の実現、資金支援などについて規定している。

大会では複数の会場において、テーマ別のフォーラムや、AI展示、AI体験などのイベントが行われた。

写真 開幕式でスピーチをする劉鶴副首相(ジェトロ撮影)
写真 「2018世界人工知能大会」の会場風景(ジェトロ撮影)

(飯田大介)

(中国)

ビジネス短信 3ebd5050405b5fa0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp