1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 若者の日本での就職、韓国政府が支援に乗り出す

若者の日本での就職、韓国政府が支援に乗り出す

(韓国、日本)

ソウル発

2018年06月28日

外交部と雇用労働部は6月18日、今後5年間で韓国の若年層1万人が日本で就職できるよう、求人企業の発掘から求職者の養成、マッチング、就職後のケアまで支援を行う「韓日つなぎプロジェクト」を推進すると発表した。

日本では企業の求人難が深刻化している一方で、日本での就職を希望する韓国の若年層が増加している。そこで、外交部(在日韓国大使館)と雇用労働部は、企業と人材のマッチングなどを行う「K-Moveセンター」および韓国産業人力公団とプロジェクトチームを作り、求人先の発掘から、求職者の養成、マッチング支援、就職後のケアまでを体系的に支援する。具体的には次のとおり。

まず、求人先確保のために、現地K-Moveセンターと在外公館を中心に、韓国の若年層の優秀さをアピールし、就労先となる企業を発掘する。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)と世界韓人貿易協会(OKTA)は、韓国系企業に対して1社1人採用運動を展開し、2018年に約80人の若年層の採用を目指す。

求職者養成のために、K-Moveスクール日本課程(日本での就職のための研修課程)を2018年は1,320人、2019年は1,500人に拡大する。

求人先と求職者のマッチングのため、6月末に「Career in Japan」、11月に日本就職博覧会を開催するなど、情報提供や斡旋窓口を一元化する。

就労後の就業者支援のため、定着支援金を増額、支給期間を延長し、就職1カ月後200万ウォン(約20万円、1ウォン=約0.1円)、半年後100万ウォン、1年後100万ウォンとする。

(末永敏)

(韓国、日本)

ビジネス短信 c22a61134d7a9ba9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp