1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. フィッチ、債務格付けを据え置くも政府の削減努力は評価

フィッチ、債務格付けを据え置くも政府の削減努力は評価

(南アフリカ共和国)

ヨハネスブルク発

2018年06月20日

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスは6月15日、南アフリカ共和国の外貨建ておよび自国通貨建ての債務格付けを「BB+」(投資不適格級)に据え置き、長期債務格付け見通しは「安定的」と発表した。南ア経済の成長率の伸び悩みや公的債務の拡大、所得格差などの問題がある一方、健全な金融部門、政府の債務削減への取り組みなどが評価されての発表とみられる。

なお、他の格付け会社では、スタンダード&プアーズ(S&P)が、外貨建ておよび自国通貨建て格付けを「BB」(投資不適格級)とし、ムーディーズは「Baa3」(投資適格最低)としている。

(根本裕之)

(南アフリカ共和国)

ビジネス短信 89e537025724f6f8

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp