1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ケニア政府、不法労働者の取り締まりを強化

ケニア政府、不法労働者の取り締まりを強化

(ケニア)

ナイロビ発

2018年05月30日


ケニア内務・政府調整省のフレッド・マティアンギ長官は、不法労働者の取り締まり強化とケニア人の雇用確保のため、外国人労働者の就労許可証(WP)を再確認すると発表した。WPを保有する外国人は、ナイロビ市内の移民局に直接赴き、(1)WP、(2)パスポート、(3)外国人カード、(4)納税番号(PIN)、(5)WP代金支払いの領収書を提出し、生体認証をしなくてはならない。

手続きが完了した外国人には、デジタル認証カードの引換証がその場で交付され、3週間後、デジタル認証カードが発行される。手続き期間は5月21日~7月21日で、同期間内に手続きが完了しない場合、拘留され強制退去させられる可能性がある。なお、WPを保有している労働者の配偶者は同手続きの対象外だ。

同長官によると、ケニアで就労許可を得ている外国人は3万4,000人いる一方で、不法労働者は10万人以上いると見積もられる。また、不法労働者の取り締まりや強制退去のために、年間3億6,000万ケニア・シリング(約3億9,600万円、Ksh、1Ksh=約1.1円)の予算が支出されており、深刻な財政圧迫要因となっている。

他方で、不法労働者はWPを保有していないか偽造しているため、今回の再確認によって不法労働者を一掃できるかは不明だ。

内務省が指定した手続き期間における移民局の営業日は42日間で、WPを有する外国人が1カ所の移民局で確認作業をした場合、移民局は1日当たり800人以上の確認作業とデジタル認証カードの交付を行う必要があり、実際に同手続きが遅滞なく運用されるか不透明だ。同手続きの運用に混乱が生じれば、手続き期間の延長や手続き場所の追加、あるいは手続き自体の撤廃も考えられるが、これまでのところ大きな混乱はなく、約3時間で手続きは完了しているという。

(島川博行)

(ケニア)

ビジネス短信 5154e48656b8f012

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp