1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 内務、財務、防衛の重要3閣僚を発表

内務、財務、防衛の重要3閣僚を発表

(マレーシア)

クアラルンプール発

2018年05月15日

マハティール・モハマド新首相は5月12日、新内閣の体制と閣僚の3人を発表した。マハティール新首相は重要10省庁を中心とする「小さな内閣」を推進する意向で、残りの7閣僚は数日中に決定する。今後の体制については「閣僚ポスト数は増やす可能性があるが、30人は超えない」とし、ナジブ前政権の35人より少ない内閣を目指す。

重要10省庁は、(1)財務、(2)内務、(3)防衛、(4)教育、(5)地域開発、(6)経済および国際貿易、(7)公共事業、(8)科学・技術・マルチメディア、(9)運輸、(10)外務。うち(1)~(3)の3閣僚について、財務相に民主行動党(DAP)のリム・グアン・エン幹事長、内務相にマレーシア統一プリブミ党(PPBM)のムヒディン・ヤシン総裁、防衛相に国民信託党(PAN)のモハマド・サブ総裁の就任が発表された。

「最初の100日間」を支える特別評議会の設置

マハティール新首相は、選挙戦から掲げてきた60の公約のうち、物品・サービス税(GST)の廃止やインフラプロジェクトの見直しなどを含む「最初の100日間で取り組む10の公約」(表参照)を発表している。100日間での円滑な政権移行を目指し、移行期間に発生し得る経済、金融に関する諸問題に対し政府への助言を行う100日間の期限付きとなる特別評議会を設置した。

表 希望連盟(PH)が掲げる「最初の100日間で取り組む10の公約」

評議会メンバーには、第1次マハティール政権時に財務相を7年間務めたダイム・ザイヌディン氏、マレーシア中央銀行前総裁のゼティ・アクタル・アジズ氏、マレーシア国営石油会社ペトロナス元会長および最高経営責任者(CEO)のハサン・マリカン氏、東南アジア2位の富豪で、マレーシアの代表的な実業家として知られるロバート・クオック氏、10年以上にわたり国連経済社会局の事務局長補を務めたジョモ・クワメ・サンドラム氏が名を連ねる。

(田中麻理)

(マレーシア)

ビジネス短信 0d7eac164c280cdf

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp