1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米国の日本産牛肉輸入、2018年の低関税枠を消化

米国の日本産牛肉輸入、2018年の低関税枠を消化

(米国)

ニューヨーク発

2018年04月17日


米国国土安全保障省・関税国境警備局が4月16日に公表した資料(注)によると、米国における2018年の日本産牛肉の輸入量が4月10日、低関税が適用される関税割当枠の200トンを超えた。

牛肉輸入の関税割当枠は輸入相手国別に毎年設定されており、日本から輸入される牛肉には1キログラム当たり4.4セントの低関税が適用されるが、枠を超えた場合は26.4%の関税が適用される。

近年、米国における日本産牛肉の輸入量は増加傾向にあり、関税割当枠に達する時期は2016年に11月10日、2017年に6月16日と年々早まっていた。

(注)米国国土安全保障省・税関・国境取締局が公表している、年ごとの牛肉などの国別の関税枠の消化状況外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

(沼田茂仁)

(米国)

ビジネス短信 97c79e782ee0568f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp