1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 好調な世界経済の影響受け、輸出入とも3年ぶり増加

好調な世界経済の影響受け、輸出入とも3年ぶり増加

(香港)

香港発

2018年04月10日

2017年の香港の財の貿易の総額は前年比8.4%増の8兆2,329億香港ドル(約112兆7,907億円、1香港ドル=約13.7円)と2014年以来3年ぶりに増加した。貿易赤字は14.5%増の4,811億香港ドル(約6兆5,911億円)だった。

2011年以来の高い伸び

輸出は前年比8.0%増の3兆8,759億香港ドルと、2014年以来3年ぶりに増加。2011年(前年比10.1%増)以来となる高い伸びを記録した(添付資料参照)。輸入も8.7%増の4兆3,570億香港ドルと、2014年以来3年ぶりに増加するとともに、2011年(11.9%増)以来の高い伸びとなった。

輸出の内訳をみると、輸出全体の98.9%(2017年時点)を占める再輸出は前年比8.1%増の3兆8,324億香港ドルとなった。香港原産品の輸出(輸出全体の1.1%)は前年比1.4%増の435億香港ドルと2014年以来3年ぶりに増加した。

輸出を単月ベースでみると、2017年2月から2017年12月にかけて11カ月連続で増加した。「世界経済の回復により先進国・地域向けの輸出が大きく増加したことに加え、中国およびアジア諸国向けの輸出も堅調に推移」(香港政府統計処)した。輸入も、2017年2月から2017年12月にかけて11カ月連続で増加した。

電気機器、装置などが牽引

2017年の貿易を品目別にみると(添付資料表1参照)、輸出は1位の「電気機器、装置および器具、電器部品」(構成比35.8%)が前年比12.3%増の1兆3,877億香港ドル、2位の「情報通信、録音・再生装置」(19.6%)が2.7%増の7,590億香港ドル、3位の「業務用機器、自動データ処理機器」(10.4%)が10.7%増の4,041億香港ドルとなった。

輸入は、1位の「電気機器、装置および器具、電器部品」(構成比36.2%)が前年比15.1%増の1兆5,783億香港ドル、2位の「情報通信、録音・再生装置」(16.9%)が1.4%増の7,368億香港ドル、3位の「業務用機器、自動データ処理機器」(8.1%)が10.1%増の3,539億香港ドルとなった。

主要国・地域との貿易は軒並み拡大

輸出を国・地域別にみると(添付資料表2参照)、1位は引き続き中国(構成比54.3%)で前年比8.4%増の2兆1,058億香港ドルと、伸び率は前年(前年比0.4%)比で8.0ポイント上昇した。2位の米国(8.5%)も、前年(5.3%)から増加に転じ、1.9%増の3,302億香港ドルとなった。インド(4.1%)は前年(14.6%増)に引き続き好調に推移し、35.9%増の1,586億香港ドルと3位に浮上した。

日本向け輸出は、前年比10.0%増の1,285億香港ドルと、2012年以来5年ぶりに増加したものの、インドに抜かれ順位は4位に後退した。

輸入を国・地域別にみると(添付資料表3参照)、1位は引き続き中国(構成比46.6%)で前年比5.9%増の2兆301億香港ドルと、2014年以来3年ぶりに増加に転じた。2位は台湾(7.6%)で12.9%増の3,297億香港ドル、3位はシンガポール(6.6%)で10.1%増の2,881億香港ドルと、2桁の伸びを示した。4位の日本は2.7%増の2,534香港ドルと2014年以来3年ぶりに増加した。

インド向け輸出および韓国からの輸入が急増

香港の貿易額を主要相手国・地域別にみると、インド向け輸出と韓国からの輸入が大きく増加したことが特徴として挙げられる。インド向けの輸出(添付資料表4参照)を品目別にみると、1位の「電話機およびその他の機器」(構成比29.1%)が12.3%増の462億300万香港ドル、2位の「ダイヤモンド」(22.8%)が31.9%増の362億4,200万香港ドル、3位の「天然または養殖の真珠」(13.1%)が3.5倍の208億5,300万香港ドル、4位の「銀」(9.2%)が3.4倍の145億4,800万香港ドルとなった。

とりわけ3位の「天然または養殖の真珠」の急増が目立つ。同品目についてインドは、香港にとって最大の輸出相手先となっており、同品目の輸出に占めるインドの比率は79.1%に達している。

韓国からの輸入の推移を品目別にみると(添付資料表5参照)、1位の「集積回路」(構成比62.5%)が32.6%増の1,575億5,400万香港ドル、2位の「計算機、自動データ処理機械およびその他の事務用機器などの機械部品」(4.2%)が4.4倍の105億1,400万香港ドルと大きく増加した。一方、2016年まで大幅に増加していた「美容用、メーキャップ用または皮膚の手入れ用の調製品およびマニキュア用またはペディキュア用の調製品」(2.9%)は4.5%増の73億3,900万香港ドルと伸びが大きく鈍化した。

2018年も引き続き堅調に推移する見通し

香港政府統計処は、2018年の貿易の見通しについて「世界経済は堅調に推移しており、短期的には香港の輸出にとって追い風の状況が続く。世界各国の金融環境や主要国・地域の通商政策の変化など外部の不確実性を注視していく」とのコメントを示した。

香港の貿易促進機関である香港貿易発展局(HKTDC)も、米中間の貿易摩擦、米国による予想より早い金融引き締め政策の実施の可能性、地政学的な緊張の高まりといったリスクを指摘しながらも、消費マインドと企業の景況感の改善による投資、消費の拡大が見込まれることから、2018年の香港の輸出総額を前年比6%増と予測している。

(吉田和仁)

(香港)

ビジネス短信 3a8a6bf16e56cb94

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp